Linux
MySQL
CentOS
mariadb

CentOS7 MariaDB(MySQL)インストール手順

More than 1 year has passed since last update.

今更感はありますが、CentOS7へのMariaDBインストールの手順を記載します。
CentOS7からはMySQLに変わってMariaDBが標準になっています。
基本的にMySQLとの互換はありますので、MySQLのコマンドや、MySQLWorkbenchも使えます。

前提

  • CentOS7 インストール済み
  • SSHにて実行

手順

yumからインストール

yum install mariadb mariadb-server
rpm -qa | grep maria

文字コードの変更

vi /etc/my.cnf
my.cnf
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0
# Settings user and group are ignored when systemd is used.
# If you need to run mysqld under a different user or group,
# customize your systemd unit file for mariadb according to the
# instructions in http://fedoraproject.org/wiki/Systemd
character-set-server=utf8

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mariadb/mariadb.log
pid-file=/var/run/mariadb/mariadb.pid

#
# include all files from the config directory
#
!includedir /etc/my.cnf.d

サービスの起動

systemctl enable mariadb.service
systemctl start mariadb.service

初期設定

基本的には全てそのままでインストールしても問題ないと思います。

mysql_secure_installation

データベース作成

create database testdb

ユーザー追加

mysql -u root -p
[パスワード]を入力

# データベースtestdbに対して全ての権限を持ったユーザtestuser@localhostを登録
grant all on testdb.* to testuser@localhost identified by 'password';