Help us understand the problem. What is going on with this article?

(追記有)gitコマンドを拡張して複数のアカウント管理を楽にしたかった

追記

同僚からこんなものを教えていただいたので、今度からはこれでもいけそう。

https://github.com/github/hub
https://hub.github.com/hub-init.1.html

追記おわり。


めちゃしょぼいけど今まで知らなかった事なので備忘がてら。

出典

gitコマンドの拡張 | hokaccha memo
Extend Git with Custom Commands

やりたかったこと

端的に言えば、プライベートで利用しているGithubに公開する為のリポジトリを作成する際、必要な設定をコマンド一発でできるようにしたかったのです。

私は現在勤めている職場で利用しているBitbucketのアカウントと、
プライベートで利用しているGithubのアカウントを、業務用に貸与されたPCで併用しています。

この時問題になるのが、新しいリポジトリを作成した場合にユーザー名、メールアドレスの設定がそれぞれで異なり、リポジトリを作成するたびに以下のようにちょこちょこと設定をしていかなければいけませんでした。(と思っていました)

hoge$ git init
Initialized empty Git repository in .../hoge/.git/
hoge$ git config --local user.name i-whammy
hoge$ git config --local user.email example@example.com
hoge$ git config --list
...
user.name=i-whammy
user.email=example@example.com

まあめんどくさいし、たまに忘れてGithub上に自分の仕事用のアドレスやら名前やらが公開されてしまって慌ててリポジトリを消して、などしたりしておりました。

やったこと

  • pathの通ってる場所(/usr/local/bin等)に以下のようなファイルを作成

git-whammy

#/bin/sh

git init
git config --local user.name i-whammy
git config --local user.email example@example.com
  • chmod +x git-whammyで実行権限付与

上記の手順で、自分のマシンでgit whammyコマンドを叩くだけで、
プライベート用のGithubアカウントの設定がされた新しいリポジトリを作ることができるようになりました。

git-XXXという名称の実行可能なファイルをパスが通ったディレクトリに配置しておくことで、
git XXXというサブコマンドとして実行することができるようになるよ、というお話でした。

めでたしめでたし。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした