Help us understand the problem. What is going on with this article?

Web系職種のキャリアパス(Webエンジニア、Webデザイナー他)まとめ

Web業界のキャリアパスについて調べたこと、考えたことをここにまとめます(随時更新)

Webデザイナーのキャリアパス

UXベン図に基づく3方向(ビジネス、デザイン、テクノロジー)のキャリアパス

  • ビジネス:Webディレクター
  • デザイン:UI/UXデザイナー
  • テクノロジー:フロントエンドエンジニア

自分はフロントエンドエンジニアを目指す!!

※参考:Webデザイナーに必要なスキルと代表的な7つのキャリアパス

Webデザイナーの求人件数(都道府県別)

indeedの求人情報からWeb系職種の例として、webデザイナーの求人件数をグラフ化した。いかに東京に一極集中しているかがわかる。(Webエンジニアなども同じ状況と思われる)

※参考:【indeed】Webデザイナー求人件数を都道府県別に調べてグラフにした(2019年3月版)

Web系職種別スキル集計

indeedの求人情報からWeb系職種別にスキルを集計してグラフ化してみた。対象職種は下記。

  • Webデザイナー
  • Webディレクター
  • UI/UXデザイナー
  • フロントエンドエンジニア
  • サーバサイドエンジニア

※参考:【indeed】職種別スキル集計:Webデザイナー、Webディレクター、UI/UXデザイナー、フロントエンドエンジニア、サーバサイドエンジニア(2019年3月)

Webエンジニアの技術キーワード集計

indeedの求人情報からフロントエンド〜バックエンドの技術キーワードをジャンル毎に集計してグラフ化した。

  • Web業界全体
    • デザインアプリ
    • テキストエディタ
    • Webマーケ
    • 言語
  • フロントエンド
    • テンプレートエンジン
    • CSSフレームワーク
    • AltCSS
    • SPA
    • AltJS
    • リッチコンテンツ
    • ゲームライブラリ
    • モバイル対策
    • ハイブリッドアプリ
  • バックエンド
    • サーバサイドFW
    • CMS
    • EC
    • DB接続
    • webサーバ
    • Git
    • クラウド
    • 仮想環境
    • ネイティブアプリ
    • ゲームエンジン

※参考:【indeed】Web業界(フロントエンド〜サーバサイド)技術キーワード別の求人件数(2019年4月)

Webエンジニアの位置付け(総務省資料)

日本の産業界の中でWebエンジニアはどのような位置付けにあるのかを知りたくなり、総務省の資料を調べてみた。

※参考:WebエンジニアやWeb業界の日本産業界での位置付け(総務省資料より)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした