Posted at

MESHとIFTTTを使ってみた

More than 1 year has passed since last update.


MESH


MESHとは

MESH

センサーとBluetooth通信が一体となった小さなデバイス

専用のアプリで視覚的にプログラミングでき、手軽にIoTを楽しめる


MESHの使い方

MESHアプリをダウンロードして起動すると、チュートリアルがある

使い方は単純なので、チュートリアルをこなせばわからないところはないと思う


IFTTT


IFTTTとは

IFTTT

様々なアプリとアプリを連携させるためのサービス

例えば、twitterに投稿するときに特定のハッシュタグを付けたツイートを、facebookに自動投稿したりできる

使いようによっては、メチャクチャ使えるやつだと思う


IFTTTにアカウントを作る

IFTTTサイトにアクセスし、Sign up > メールアドレスなどを入力してアカウントを作る


My Servicesの登録

右上のアカウント名横のVをクリックするとServicesというメニューがある

登録しているService一覧が出て、その下にAll servicesというリンクがあるのでクリックする

すると連携アプリの一覧が出てくる

使いたいサービスを選んでConnect

アプリごとに認証画面や設定画面が開くので、適当に認証と設定をする


My Appletsの登録

MyApplets > Appletsタブ > New Applet

+thisにトリガーとなるアプリを、+thatにトリガーが実行されたら動作する方のアプリを選ぶ

アプリを選ぶと、それぞれ設定画面になるので、適当に設定し、Create Action > Finish で完成

設定を変えたり削除したりするときは、レシピ右上の歯車マークを押せばいい

My Servicesの登録はMy Applets登録時にもできる(未設定の場合はConnectが出る)ので、同時にしてもいい


IFTTT×MESH

MESHをIFTTTに繋いで、センサーの前を人が通ったら、Twitterにつぶやくというシステムを作ってみる


MESHアプリ側


  1. 連携タグ > 追加 > IFTTT > セットアップ。IFTTT Key が表示されるのでメモして > OK


  2. 連携タグリストにIFTTTタグが出るので、キャンバスに追加してタグをタップする


  3. イベントID(英数字のみ可)を好きに決めて、入力し、メモしておく。送信データが必要なら追加しておく



IFTTT側


  1. +this > Search > MESHと入力


  2. MESH > Edit connection > IFTTT Keyを入力


  3. MESH > Event from MESH app received Event Key を入力


  4. Create Trigger


  5. +that > Twitter > Connect Twitter


  6. Connect > 認証画面が出るので、認証する


  7. Choose action > Post a tweetを選ぶ


  8. Tweet内容を入力して、Create action


  9. 最後にAppletの説明を入力する > Finish



MESHの良いところ、残念なところ


良いところ


  • 手軽さという点では最高


  • 視覚化されたプログラミングアプリ


  • 見た目がかわいい

プログラミングの知識も半田ごても必要なし。買ってきてすぐにアプリをダウンロードして即遊べるという点では、群を抜いて遊びやすい。

アプリは見た目で動きがイメージしやすく、ほぼ3ステップでそこそこの機能が実装できるので、子供でも一緒に楽しんで遊べる。

また、とかく見た目がアレになりがちなIoTだが、完成された製品であるがゆえに、とてもスマートで可愛いのはとてもいい。


残念なところ


  • 高い

  • Bluetooth範囲内にスマホがないと動作しない

  • スマホでMESHアプリを立ち上げていないと動作しない

センサータグ1つにつき7000円ほどするので、お手頃価格とは程遠い。アプリの開発費なんかも含めると仕方ないのかもしれないが...

Bluetooth通信を使っているので、当たり前だが近くにスマホがないといけない。しかも、バックグラウンドで常にアプリを動作させておく必要があるし、カメラなど、バックグラウンドでは動作しないデバイスもある(個人的にこれは痛いと思った。玄関を誰かが通ったらカメラを起動させたかったのだが)


IFTTTの良いところ、残念なところ


良いところ


  • 連携アプリが多い

  • 豊富なサンプルレシピ

  • アプリごとのAPIを知らなくてもいい

MESHに負けず劣らず、設定が超簡単なので、難しいAPIなど全く知らなくても数分でアプリ連携ができる

また、連携しているアプリも多数あり、有名どころのサービスはほぼ網羅されているのではという感じ

サンプルレシピもたくさんあり、それらを試すだけでも面白い


残念なところ


  • 1つのサービスに対して、1つのアカウントしか設定できない

  • 処理にそこそこ時間がかかるようなので、即時的な反応を要するものは厳しい

  • 英語

サービスそのものを複数登録することはできない(複数のレシピにひとつのサービスを使いまわすことはできる)

また、1つのサービスには基本的に1つのアカウントしか紐付けられないため、Twitterなどは、複数のアカウントを持っている人も多いかと思うが、

どれか1つのアカウントのみでの運用を強いられる

今のところ、これを回避するには、複数のIFTTTアカウントを作るしかないようだ

また、処理はそこそこのタイムラグがあるので、例えばMESH人が通ったことを感知してIFTTTを通してライトをつけるなどは、ライトが付くのは人が通り過ぎてからになるかもしれない

サイトやアプリは英語なので、英語が苦手な人には少し辛いかもしれない