Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
34
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@hyotty

「初心者向け」JavaとKotlinの違い

More than 1 year has passed since last update.

「初心者向け」JavaとKotlinの違い

by hyotty
1 / 2

Kotlinとは

  • Kotlinは、JetBrains社が作っているJVM上で動作する言語。
  • Kotlinは、Javaと完全に相互運用が可能である。あるクラスをJavaで書いて、それを継承したクラスを Kotlinで書いて、さらに継承したクラスをJavaで書くことができる。
  • Javaで書かれていたプロジェクトに、追加開発分だけ Kotlin で書くことでき、導入しやすい。
  • Google が Android での Kotlin 公式サポートを発表している言語である。

変数宣言

定数に対してはval、変更可能な変数に対したはvarを利用します。

test.java
String str = "文字列";
final int value = 0;
test.kt
var str: String = "文字列"
val value = 0

Kotlinでは型推論が可能なので型を省略して変数を定義することもできる。セミコロンは不要である。

if文

test.java
String value = bar < 10 ? "abc" : "xyz";
test.kt
 var value = if (bar < 10) "abc" else "xyz"

ifやelseブロック内の結果を直接代入することができます。

for文

test.java
for(int num : numbers)
{
System.out.println(num);
}
for(int i = 0; i< 4; i++)
{
System.out.println(i); 
} 
test.kt
for (num in numbers)
{
  println(num)
}
for (i in 0..3)
{
  println(i)
}

Kotlinはinを利用する。

関数

test.java
public int add(int a, int b) 
{
    return a + b;
}
add(1,2);
test.kt
fun add(a:Int, b:Int): Int {
    return a + b
}

// 呼び出し側
add(1,2)

Kotlinの場合、アクセス修飾子が省略された場合はpublic扱い。さらに、コンパイラーが型推論をできるような戻り値の型であれば、戻り値の型の定義を省略することも可能です。

34
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
sorich
SORICHはWebシステム開発を主軸に、デザイン・Web制作・アプリ開発・IoTまで、クライアントの幅広いニーズに対応する技術者集団です。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
34
Help us understand the problem. What is going on with this article?