Edited at

Manjaro Linuxをインストールしてはじめにしたこと

More than 3 years have passed since last update.


Abstract

Manjaro Linux(以下, Manjaro)はArch LinuxをベースとしたLinuxディストリビューションの一つであり, DustriWatchのページヒットランキングでは6位(2016/04/02)と高い人気を持つ.

本記事では, 私がManjaroをインストールしたときに行ったことをメモする.


インストールするときに

LinuxOS(Ubuntuなど)のインストール時にNVIDIAのGPUがマシンにささっていると

画面が表示されないといった問題がよく起こるらしくManjaroもその例外ではない.

私のPCにもGPUがささっていたのでこれを解決する.

詳しくは, 本の虫:nomodesetとLinuxにおけるGPUドライバーの問題等を参考にすると良いかも.

Ubuntuなどの解決法と同じくManjaroにおいても, kernelパラメータを変更すれば良い.

Manjaroの場合, インストールディスクを読み込んだ後に出るOSの選択メニューでeキーをおすと編集できる.

私が行った編集は, [Manjaro Linux...(nonfree)]を選択しnouveau.modeset=1となっているのでnouveau.modeset=0とし(必要ない?), 最後にnomodesetを付け加えた.

(参考:Jounrnal de Aki:MageiaからManjaroへ)

Manjaroインストール後はNVIDIAのドライバがインストールされていたのでkernelパラメータの変更はとりあえず必要ないと思う.


インストールしたあとに


pacmanのミラーリストの更新

pacmanはArch Linuxで用いられるパッケージマネージャである.

デフォルトではインストール元が日本以外になっている可能性があるので, ミラーを変更する.

そのためには, /etc/pacman.d/mirrorlistを編集すれば良い.

mirrorlistから

## Location  : Japan

## Time : ---
## Last Sync :
Server = [筑波とか理研のURL]

を探し(複数あるかも)mirrorlistの一番上にコピペする.

Pacman Mirrorlist Generatorとかもあるので, そちらを使っても良いかも.

詳しい設定方法は,ArchWiki:ミラーを参照するべし.


pacmanでパッケージ更新

パッケージをインストールする前に以下のコマンドでシステムの全パッケージをアップデートしておきたい.

$ pacman -Syu

しかし,

error: key "$KEY" could not be looked up remotely

error: required key missing from keyring
error: failed to commit transaction (unexpected error)
Errors occurred, no packages were upgraded.

のようなエラーがでた.

そこで, [SOLVED] error: key "A6234074498E9CEE" could not be looked up remotelyに従って, 以下のようなコマンドをうった(もちろんsudoで).

$ rm -R /etc/pacman.d/gnupg/

$ rm -R /root/.gnupg/ # only if the directory exists
$ gpg --refresh-keys
$ pacman-key --init && pacman-key --populate
$ pacman-key --refresh-keys

するとまた,

gpg: connecting dirmngr at '/root/.gnupg/S.dirmngr' failed: IPC connect call failed

gpg: keyserver refresh failed: No dirmngr

のようなエラーがでた.

よって, 最後にみちのいに!!:pacmanで更新できなかったを参考にして

$ dirmngr < /dev/null

$ pacman-key --refresh-keys

としてから

$ pacman -Syyu

でアップデート成功.


日本語入力

最後にibusを用いた日本語入力の設定について書く. とりあえずibus-anthyを用いる.

$ pacman -S ibus ibus-anthy

によるインストールとibus-setupによる設定を行った.

続いて,

~/.bashrc~/.xinitrc~/.xprofile (どれが必要十分を満たすかわからない...)に

export GTK_IM_MODULE="ibus"

export QT_IM_MODULE="ibus"
export XMODIFIERS=@im=ibus
ibus-daemon --xim -d &

を書き込んで再起動するとibusを用いて日本語入力可能になった.

.bashrcとxinitrcは必要ないかもしれない...

あとは,

$ pacman -S git dropbox

等で必要ソフトをインストール.