Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSにRedashを設置

最近、開発の手伝いをしてて、データベースへの接続・データ取得をもっと手軽にしたいと相談を受けまして、AWS環境にRedashを導入しました。

導入って結構手間じゃないかと思っていましたが、
手順さえ分かれば1時間かからないでできるんじゃないかと思います。

ちなみに、今回接続したデータベースの種類は MySQL です。

Redash用のEC2インスタンスをたてる

1. AMIの選択

AWSからではなく、Redashの導入方法ページにAMIの選択URLが載っていますので、
接続したいDBのあるリージョンを選択しましょう!

https://redash.io/help/open-source/setup#aws

スクリーンショット 2019-08-12 23.14.23.png

2. インスタンスタイプの選択

公式の説明書通り、t2.small以上を選択してください
(ケチって、microを選んだら、全く動きませんでしたw)

公式の説明文
for small deployments t2.small should be enough

スクリーンショット 2019-08-12 23.19.32.png

6. セキュリティグループの設定

3~5はそのままで進めて、セキュリティグループをここも公式の説明書通りに設定していきます。
SSH、HTTP、HTTPSは接続できるようしておいてね、とのことです。

公式の説明文
When launching the instance make sure to use a Security Group, that only allows incoming traffic on ports: 22 (SSH), 80 (HTTP) and 443 (HTTPS).

スクリーンショット 2019-08-12 23.24.24.png

インスタンスの設定は以上で、 起動 をクリックします!

データベースのセキュリティ設定

続いて、redashがデータベースに接続してデータを取ってくることができるように、
データベースのセキュリティ設定を調整します。

  1. Amazon RDS
  2. 左カラムのデータベース
  3. 接続とセキュリティのタブ
  4. セキュリティの VPC セキュリティグループ のURLをクリックします

そうすると、DB側のセキュリティ設定に遷移しますので、
インバウンド タブを選択して、
先ほどredash用のEC2インスタンスをたてたときに使用したセキュリティグループを追加します。

1行目は元から入っていますので、 ルールの追加 で新しいソースを指定します。

スクリーンショット 207-25.png

Redashへのログインと設定

redashへブラウザからアクセスをします。
特にドメイン設定などをしていなければ、EC2の説明タブ内にあるパブリック DNS (IPv4)へアクセスすればOKです。
では初回のログイン(管理ユーザーの作成)とデータベースへの接続作業を進めていきます。

管理ユーザーの作成

ここはサクサク埋めていきましょう。
Organization Nameは設定画面で見つからなかったので、一応、ちゃんとしたものを入れておくことをお勧めします。

initial_setup.png

データベースの設定

管理ユーザーでログインができたら、次はデータベースの接続情報を入れていきます。

  1. 左上の 設定
  2. Data Sourcesタブ
  3. + New Data Source

2019-08-13 0.16.43.png

次にいろんなデータベースの種類が表示されるので、今回接続先となる MySQL (Amazon RDS)を選択します。

2019-08-13 0.23.14.png

いよいよデータベースのアクセス情報を入れていきます。
SSLのチェックはなくても大丈夫です。

スクリーンショット 2019-08-13 0.34.47.png

必須項目を全て入れて、 Save すると Test Connection というボタンが出ます。
それをクリックして、 Success というトーストがぽわっと浮かび上がったら、大成功です!

これで、設定完了です!お疲れ様でした。

楽しいクエリライフをお楽しみください〜

hujuu
データ分析したり、テスト自動化したり、しています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした