LoginSignup
275
219

More than 1 year has passed since last update.

rbenvでrubyのバージョンを管理する

Last updated at Posted at 2018-02-24

こんにちは
今日は、Macにデフォルトで入っているrubyのバージョンがちょっと古いので、
rbenvを使って最新バージョンで動くようにした話を書きます。

今回実行した環境

OSバージョン: iMac 10.13.3

手順

Homebrewは入っている前提で話を進めます。
まずは、Homebrewをアップデートします。

$ brew update

続いて、早速、rbenvをインストールです!!

$ brew install rbenv

インストールが完了したら、インストール出来ていることの確認もこめて、
バージョンを表示させてみましょう。
こんな感じで、バージョンが表示されていれば、インストールできています。

$ rbenv --version
rbenv 1.1.2

※ rbenvはインストールしてあるが、古くなっていそうな方へ(アップデート方法)

% rbenv --version
rbenv 1.1.2
% brew upgrade rbenv
()
% rbenv --version   
rbenv 1.2.0

続いて、rbenvでインストール可能なrubyのバージョンを確認します。
かなりたくさんあるので、ズラーッとバージョンが並んで表示されます。

$ rbenv install --list
Available versions:
  1.8.5-p52
  1.8.5-p113
・
・
・
  ree-1.8.7-2012.02
  topaz-dev

最新バージョンのrubyを入れてみよう!

今回は”2.5.0”(2018/02/24時点の安定版の最新)をインストールすることにしましたので、
以下のようなコマンドをたたきます。

$ rbenv install 2.5.0

インストールされたら、以下のコマンドでインストールされているrubyのバージョンを確認してみましょう。
”2.5.0”が追加されているはずです。

$ rbenv versions
* system (set by /Users/owner/.rbenv/version)
  2.5.0

上記のコマンドで、米印がついているのが、現在の環境で動いているrubyとなります。
以下のコマンドだと、現在の環境で動いているrubyのバージョンのみを表示してくれます。

$ rbenv version
system (set by /Users/owner/.rbenv/version)

今回は、新しくインストールした”2.5.0”に切り替えたいので、
以下のコマンドを実行します。
(globalと指定することで、コマンドを実行したディレクトリ以外にも指定したrubyのバージョンが適用されます)

$ rbenv global 2.5.0
$ rbenv version
2.5.0 (set by /Users/owner/.rbenv/version)

以上、rbenvのインストールとrubyのバージョン管理の方法でした。

追記:2019/03/20

最近、新しいPCでrbenvを入れていたところ、
rbenv versionでは、指定Versionが変化していても、
ruby -vをすると、Versionが変更されていないことがあることが分かりました。
ですので、その際の対処方法を記載します。

$ rbenv init
# Load rbenv automatically by appending
# the following to ~/.bash_profile:

eval "$(rbenv init -)"

eval "$(rbenv init -)"~/.bash_profileの末尾に追加します。
追加したら、~/.bash_profileを読み込み直せば設定完了です!

$ source ~/.bash_profile
$ ruby -v
ruby 2.5.1p57 (2018-03-29 revision 63029) [x86_64-darwin18]

追記:2023/03/10

ローカルのrubyバージョンを指定しても、切り替わらないことがありました。

% rbenv local 3.2.1  
% rbenv versions     
  system
* 3.1.2 (set by RBENV_VERSION environment variable)
  3.2.0
  3.2.1

その際は、 rbenv shell --unset コマンドを実行すると、
上記で指定したバージョンに切り替わります。

% rbenv shell --unset
% rbenv versions     
  system
  3.1.2
  3.2.0
* 3.2.1 (set by /Users/xxxx/.ruby-version)
275
219
1

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
275
219