Help us understand the problem. What is going on with this article?

EC2(Linux) awslogs/ssm-agent 自動起動設定

More than 3 years have passed since last update.

通常の制御だからか需要が無いからか、公式ドキュメント上での自動起動設定制御の記載は確認できませんでした。
ディストリビューション、バージョンによって違いがあるのでまとめておきます。

環境

  • Amazon Linux AMI 2017.03
  • CentOS release 6.9
  • CentOS Linux release 7.3.1611
  • Ubuntu 14.04.5 LTS
  • Ubuntu 16.04.2 LTS

awslogs

操作 AmazonLinux CentOS6 CentOS7 Ubuntu14 Ubuntu16
インストール yum setup.py setup.py setup.py setup.py
起動/停止 service service systemctl(service) service systemctl(service)
自動起動 chkconfig chkconfig systemctl(chkconfig) sysv-rc-conf(update-rc.d) (*1) systemctl(sysv-rc-conf/update-rc.d) (*1)
  • (*1) sysv-rc-conf は環境によっては要インストール

cron.d と logrotate.d

インストール時に毎分の起動チェックとログローテートの cron が格納されます。
必要に応じて以下のファイルの退避(削除)も行います。
尚、yum でインストール(AmazonLinux)した場合、awslogs_log_rotate は作成されません。

/etc/cron.d/awslogs
/etc/cron.d/awslogs_log_rotate
/etc/logrotate.d/awslogs

AGENT_ETC_DIR

awslogs.conf 等の設定ファイル格納場所です。
yum でインストール(AmazonLinux)した場合と setup.py(AmazonLinux以外)とで格納場所が異なります。

インストール ディレクトリ
yum /etc/awslogs/
setup.py /var/awslogs/etc/

amazon-ssm-agent

操作 AmazonLinux CentOS6 CentOS7 Ubuntu14 Ubuntu16
インストール yum(rpm) yum(rpm) yum(rpm) apt(deb) apt(deb)
起動/停止 initctl (*1) initctl (*1) systemctl(service) initctl(service) (*1) systemctl(service)
自動起動 (upstart) (*2) (upstart) (*2) systemctl (upstart) systemctl
  • (*1) initctl は省略可
  • (*2) upstart はファイル退避/コメントアウト/manual記入等で無効化
    • /etc/init/amazon-ssm-agent.conf
htnosm
うろ覚えを無くしていこうともがき苦しむ人の備忘録 - nullはナルじゃなくヌル - editorはEmacsじゃなくvi - gitはジットじゃなくギット - 饂飩より蕎麦 - 茸より筍 - 四季は秋
http://htnosm.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away