Posted at

EC2(Linux) awslogs/ssm-agent 自動起動設定

More than 1 year has passed since last update.

通常の制御だからか需要が無いからか、公式ドキュメント上での自動起動設定制御の記載は確認できませんでした。

ディストリビューション、バージョンによって違いがあるのでまとめておきます。


環境


  • Amazon Linux AMI 2017.03

  • CentOS release 6.9

  • CentOS Linux release 7.3.1611

  • Ubuntu 14.04.5 LTS

  • Ubuntu 16.04.2 LTS


awslogs

操作
AmazonLinux
CentOS6
CentOS7
Ubuntu14
Ubuntu16

インストール
yum
setup.py
setup.py
setup.py
setup.py

起動/停止
service
service
systemctl(service)
service
systemctl(service)

自動起動
chkconfig
chkconfig
systemctl(chkconfig)
sysv-rc-conf(update-rc.d) (*1)

systemctl(sysv-rc-conf/update-rc.d) (*1)



  • (*1) sysv-rc-conf は環境によっては要インストール


cron.d と logrotate.d

インストール時に毎分の起動チェックとログローテートの cron が格納されます。

必要に応じて以下のファイルの退避(削除)も行います。

尚、yum でインストール(AmazonLinux)した場合、awslogs_log_rotate は作成されません。

/etc/cron.d/awslogs

/etc/cron.d/awslogs_log_rotate
/etc/logrotate.d/awslogs


AGENT_ETC_DIR

awslogs.conf 等の設定ファイル格納場所です。

yum でインストール(AmazonLinux)した場合と setup.py(AmazonLinux以外)とで格納場所が異なります。

インストール
ディレクトリ

yum
/etc/awslogs/

setup.py
/var/awslogs/etc/


amazon-ssm-agent

操作
AmazonLinux
CentOS6
CentOS7
Ubuntu14
Ubuntu16

インストール
yum(rpm)
yum(rpm)
yum(rpm)
apt(deb)
apt(deb)

起動/停止
initctl (*1)

initctl (*1)

systemctl(service)
initctl(service) (*1)

systemctl(service)

自動起動
(upstart) (*2)

(upstart) (*2)

systemctl
(upstart)
systemctl



  • (*1) initctl は省略可


  • (*2) upstart はファイル退避/コメントアウト/manual記入等で無効化


    • /etc/init/amazon-ssm-agent.conf