Help us understand the problem. What is going on with this article?

Pythonをはじめよう(EC2 -Ubuntu-Python2.7.9)

More than 3 years have passed since last update.

参照

•Pythonプロフェッショナルプログラミング
•Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版

•インスタンスを立ちあげてみよう!~Ubuntu編~
http://recipe.kc-cloud.jp/archives/1199

•Python パッケージ管理技術まとめ
http://www.yunabe.jp/docs/python_package_management.html

EC2

Ubuntu Server 14.04 LTS (HVM), SSD Volume Type
を選択

※LTSとは長期保証版

mv Desktop/hoge.pem .

chmod 600 hoge.pem

Elastic IP

  • 関連付ける
ssh -i hoge.pem ubuntu@IPアドレス

「apt-get」と「aptitude」の違い

http://bi.biopapyrus.net/linux/aptget.html

aptパッケージのインストール

•Linuxではソフトウェアのことを「パッケージ」という。
•Ubuntuは、apt-getコマンドによってパッケージを管理できる。

•「-y」オプションをつけて実行するとインストール途中にyes,noを聞かれる設定に対して、全てyesの選択をする。

•build-essentialは、Ubuntu上でPythonのビルドに必要なツール郡 (gcc,makeなど)を一括でインストールしてくれるパッケージ。

•まずは、パッケージを全体的に更新。
•併せてPythonによる開発で必要なパッケージをインストールする。

sudo apt-get -y update

sudo apt-get -y upgrade

sudo apt-get -y install build-essential

sudo apt-get -y install libsqlite3-dev

sudo apt-get -y install libreadline6-dev

sudo apt-get -y install libgdbm-dev

sudo apt-get -y install zlib1g-dev

sudo apt-get -y install libbz2-dev

sudo apt-get -y install sqlite3

sudo apt-get -y install tk-dev

sudo apt-get -y install zip

sudo apt-get -y install libssl-dev

Python関連パッケージのインストール

•python-devのインストール

sudo apt-get -y install python-dev

•pipのインストール

wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py

sudo python get-pip.py

※pipは、Pythonのサードパーティライブラリを管理するツール。
※aptコマンドでもインストールできるが、バージョンが古い。
get-pip.pyを使って最新版をインストールする。
※pipはビルドが必要なパッケージをインストールする際にはgcc等によるビルドを実行する。

pythonバージョンの確認

python -V

※Ubuntu14.04では、Python2.7.6がインストールされている。

•pipのバージョン確認
pip --version

サードバーティー製のパッケージのインストール(PyPl)

「pip installコマンド」で「サードパーティ製パッケージ」をインストールできる。
「サードパーティ製パッケージ」は、pyPl(パイピーアイ)と呼ばれる。
(Pythonパッケージを共有するリポジトリに登録されている)

Pythonでソフトウェアを開発する際には、Pyplから必要なパッケージをインストールする。
(PHPにおけるPEAR)

pipでサードパーティー製のパッケージをインストールする
•virtualenv

sudo pip install virtualenv

※/usr/local/lib/python2.7以下にインストールされる。

※virtualenvとは、
仮想的なPythonの実行環境を作成する。これをvirtualenv環境と呼ぶ。
この環境を利用中は、/usr/local/lib/python2.7ではなく、
仮想的なvirtualenv環境に対して行われる。

pip freezeでインストールされているパッケージを確認

pip freeze

 /usr/local/lib/python2.7にインストールされているパッケージの一覧が表示

新しくvirtualenv環境を作る

virtualenv環境の作成

#virtualenvによる仮想環境の作成

mkdir ~/work

cd ~/work

環境を作るのはこれ

virtualenv venv

※workディレクトリの直下に「venv」というディレクトリが作成される。(これがvirtualenv環境ディレクトリ)

Pythonのバージョンを指定して環境を作るのはこれ

virtualenv --python=/opt/python2.7.9/bin/python venv2

virtualenv環境の有効化

sourceコマンドでactivateを実行して、virtualenv環境を有効化する。
source venv/bin/activate
仮想環境 venvを停止
deactivate

virtualenv環境を有効化している状態で、再度pip freezeでインストールされているパッケージを確認してみる

(venv)$pip freeze
argparse==1.2.1
wsgiref==0.1.2

※追加インストールされたパッケージがひとつもない状態。

PythonをUbuntuにインストール方法の整理

•1. Ubuntu公式のdebパッケージからインストール
•2. ソースファイルからビルドしてインストール
•3. PPA(Personal Package Archives)からdebパッケージとしてインストール

1と3は最新とは限らないから。

ソースファイルからビルドしてインストール

sudo wget https://www.python.org/ftp/python/2.7.9/Python-2.7.9.tgz
tar xvzf Python-2.7.9.tgz
cd Python-2.7.9
LDFLAGS="-L/usr/lib/x86_64-linux-gnu" ./configure --prefix=/opt/python2.7.9

※LDFLAGSオプションで sqlite3ライブラリファイルへのパスを指定して、configure を実行します。
make
sudo make install
/opt/python2.7.9/bin/python -v

python 2.7.9と表示される

新しい環境を作ってPythonを使い分ける

新しく環境を作るときに、pythonのバージョンを指定する

virtualenv --python=/opt/python2.7.9/bin/python venv2
source venv2/bin/activate

Mercurialのインストール(バージョン管理)

sudo pip install mercurial

バージョン確認

hg--version

AWSのubuntuを日本語化

http://infrase.jpn.org/?p=27

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away