python2.7

Pythonをはじめよう(EC2 -Ubuntu-Python2.7.9)

More than 1 year has passed since last update.


参照

•Pythonプロフェッショナルプログラミング

•Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版

•インスタンスを立ちあげてみよう!~Ubuntu編~

http://recipe.kc-cloud.jp/archives/1199

•Python パッケージ管理技術まとめ

http://www.yunabe.jp/docs/python_package_management.html


EC2

Ubuntu Server 14.04 LTS (HVM), SSD Volume Type

を選択

※LTSとは長期保証版

mv Desktop/hoge.pem .

chmod 600 hoge.pem

Elastic IP


  • 関連付ける

ssh -i hoge.pem ubuntu@IPアドレス


「apt-get」と「aptitude」の違い

http://bi.biopapyrus.net/linux/aptget.html


aptパッケージのインストール

•Linuxではソフトウェアのことを「パッケージ」という。

•Ubuntuは、apt-getコマンドによってパッケージを管理できる。

•「-y」オプションをつけて実行するとインストール途中にyes,noを聞かれる設定に対して、全てyesの選択をする。

•build-essentialは、Ubuntu上でPythonのビルドに必要なツール郡 (gcc,makeなど)を一括でインストールしてくれるパッケージ。

•まずは、パッケージを全体的に更新。

•併せてPythonによる開発で必要なパッケージをインストールする。

sudo apt-get -y update

sudo apt-get -y upgrade

sudo apt-get -y install build-essential

sudo apt-get -y install libsqlite3-dev

sudo apt-get -y install libreadline6-dev

sudo apt-get -y install libgdbm-dev

sudo apt-get -y install zlib1g-dev

sudo apt-get -y install libbz2-dev

sudo apt-get -y install sqlite3

sudo apt-get -y install tk-dev

sudo apt-get -y install zip

sudo apt-get -y install libssl-dev


Python関連パッケージのインストール

•python-devのインストール

sudo apt-get -y install python-dev

•pipのインストール

wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py

sudo python get-pip.py

※pipは、Pythonのサードパーティライブラリを管理するツール。

※aptコマンドでもインストールできるが、バージョンが古い。

get-pip.pyを使って最新版をインストールする。

※pipはビルドが必要なパッケージをインストールする際にはgcc等によるビルドを実行する。


pythonバージョンの確認

python -V

※Ubuntu14.04では、Python2.7.6がインストールされている。

•pipのバージョン確認

pip --version



サードバーティー製のパッケージのインストール(PyPl)

「pip installコマンド」で「サードパーティ製パッケージ」をインストールできる。

「サードパーティ製パッケージ」は、pyPl(パイピーアイ)と呼ばれる。

(Pythonパッケージを共有するリポジトリに登録されている)

Pythonでソフトウェアを開発する際には、Pyplから必要なパッケージをインストールする。

(PHPにおけるPEAR)

pipでサードパーティー製のパッケージをインストールする

•virtualenv

sudo pip install virtualenv

※/usr/local/lib/python2.7以下にインストールされる。

※virtualenvとは、

仮想的なPythonの実行環境を作成する。これをvirtualenv環境と呼ぶ。

この環境を利用中は、/usr/local/lib/python2.7ではなく、

仮想的なvirtualenv環境に対して行われる。

pip freezeでインストールされているパッケージを確認

pip freeze

/usr/local/lib/python2.7にインストールされているパッケージの一覧が表示

新しくvirtualenv環境を作る


virtualenv環境の作成

#virtualenvによる仮想環境の作成

mkdir ~/work

cd ~/work


環境を作るのはこれ

virtualenv venv

※workディレクトリの直下に「venv」というディレクトリが作成される。(これがvirtualenv環境ディレクトリ)


Pythonのバージョンを指定して環境を作るのはこれ

virtualenv --python=/opt/python2.7.9/bin/python venv2


virtualenv環境の有効化

sourceコマンドでactivateを実行して、virtualenv環境を有効化する。

source venv/bin/activate

仮想環境 venvを停止

deactivate


virtualenv環境を有効化している状態で、再度pip freezeでインストールされているパッケージを確認してみる

(venv)$pip freeze

argparse==1.2.1
wsgiref==0.1.2

※追加インストールされたパッケージがひとつもない状態。


PythonをUbuntuにインストール方法の整理

•1. Ubuntu公式のdebパッケージからインストール

•2. ソースファイルからビルドしてインストール

•3. PPA(Personal Package Archives)からdebパッケージとしてインストール

1と3は最新とは限らないから。


ソースファイルからビルドしてインストール

sudo wget https://www.python.org/ftp/python/2.7.9/Python-2.7.9.tgz

tar xvzf Python-2.7.9.tgz

cd Python-2.7.9

LDFLAGS="-L/usr/lib/x86_64-linux-gnu" ./configure --prefix=/opt/python2.7.9

※LDFLAGSオプションで sqlite3ライブラリファイルへのパスを指定して、configure を実行します。

make

sudo make install

/opt/python2.7.9/bin/python -v

python 2.7.9と表示される


新しい環境を作ってPythonを使い分ける

新しく環境を作るときに、pythonのバージョンを指定する

virtualenv --python=/opt/python2.7.9/bin/python venv2

source venv2/bin/activate



Mercurialのインストール(バージョン管理)

sudo pip install mercurial


バージョン確認

hg--version


AWSのubuntuを日本語化

http://infrase.jpn.org/?p=27