Help us understand the problem. What is going on with this article?

CentOS7.3に、プライベート版Qiita "knowledge"をインストールしてみた

More than 3 years have passed since last update.

Knowledgeのススメ

自社内だけのヘルプや、外には出せない技術情報をMarkdown形式のサービスでまとめてみたいことってありませんか。
そんなときオススメなのが、knowledgeというOSSの情報共有サービス製品です。
全文検索、公開範囲指定といったQiitaにもある機能の他にも、アンケート機能などもあり、Qiitaの機能拡張版のような製品です。

日本の方が主となって作成しているようです。
ですので、日本語対応が素晴らしい製品だと思います。

追記: v1.10.0がリリースされたので、1.10.0用に変更しました。(2017/07/28)

knowledge:
https://information-knowledge.support-project.org/ja/

インストール

インストールしたパッケージ

OS: CentOS7.3

Knowledge: v1.10.0
java: java-1.8.0-openjdk
apache-tomcat: 8.5.16
postgresql: 9.6

1. Javaのインストール

yum install java-1.8.0-openjdk java-1.8.0-openjdk-devel java-1.8.0-openjdk-headless

以下のコマンドでJavaの実体があるパスを調べる

# dirname $(readlink $(which java))

2. Apache Tomcatのインストール

OSベースのバージョンでは、7系と必要条件のバージョン(8以上)が満たせていないため、コミュニティからインストールします。
tomcatのバージョンは8以上ということなので、コミュニティからダウンロード&インストールします。

注:OSベースのバージョンは 7.0 だからそのまま使えない

# yum info tomcat.noarch
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * epel: ftp.riken.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * remi-safe: mirrors.thzhost.com
 * updates: ftp.iij.ad.jp
利用可能なパッケージ
名前                : tomcat
アーキテクチャー    : noarch
バージョン          : 7.0.69
リリース            : 11.el7_3
容量                : 89 k
リポジトリー        : updates/7/x86_64
要約                : Apache Servlet/JSP Engine, RI for Servlet 3.0/JSP 2.2 API
URL                 : http://tomcat.apache.org/
ライセンス          : ASL 2.0
説明                : Tomcat is the servlet container that is used in the official Reference
                    : Implementation for the Java Servlet and JavaServer Pages technologies.
                    : The Java Servlet and JavaServer Pages specifications are developed by
                    : Sun under the Java Community Process.
                    :
                    : Tomcat is developed in an open and participatory environment and
                    : released under the Apache Software License version 2.0. Tomcat is intended
                    : to be a collaboration of the best-of-breed developers from around the world.

コミュニティからパッケージを取得して配置
http://tomcat.apache.org/download-80.cgi

Core:tar.gzをwgetでサーバにダウンロードします。

cd /usr/local/src
wget http://ftp.riken.jp/net/apache/tomcat/tomcat-8/v8.5.15/bin/apache-tomcat-8.5.16.tar.gz

配置します。

cd /usr/local
tar xvzf /usr/local/src/apache-tomcat-8.5.16.tar.gz
ln -s apache-tomcat-8.5.16 tomcat

確認:

# ls -al
合計 0
drwxr-xr-x. 13 root root 173  7月 27 18:03 .
drwxr-xr-x. 13 root root 155  7月 27 16:48 ..
drwxr-xr-x.  9 root root 160  7月 27 18:03 apache-tomcat-8.5.16
drwxr-xr-x.  2 root root   6 11月  6  2016 bin
drwxr-xr-x.  2 root root   6 11月  6  2016 etc
drwxr-xr-x.  2 root root   6 11月  6  2016 games
drwxr-xr-x.  2 root root   6 11月  6  2016 include
drwxr-xr-x.  2 root root   6 11月  6  2016 lib
drwxr-xr-x.  2 root root   6 11月  6  2016 lib64
drwxr-xr-x.  2 root root   6 11月  6  2016 libexec
drwxr-xr-x.  2 root root   6 11月  6  2016 sbin
drwxr-xr-x.  5 root root  49  7月 27 16:48 share
drwxr-xr-x.  2 root root  41  7月 27 18:02 src
lrwxrwxrwx.  1 root root  20  7月 27 18:03 tomcat -> apache-tomcat-8.5.16

3. 環境変数変更

/etc/profileに追記します。

Java用の環境変数変更

JAVA_HOMEのパスは、利用しているバージョンのパスを適用してください。

export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-1.8.0.141-1.b16.el7_3.x86_64
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

tomcat用の環境変数変更

export CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat

knowledge用の環境変数変更

export KNOWLEDGE_HOME=/home/tomcat/.knowledge
export JAVA_OPTS="-Dfile.encoding=UTF-8 \
  -Dnet.sf.ehcache.skipUpdateCheck=true \
  -XX:+UseConcMarkSweepGC \
  -XX:+CMSClassUnloadingEnabled \
  -XX:+UseParNewGC \
  -XX:MaxPermSize=128m \
  -Xms512m -Xmx512m"

適用後、反映させます。

# source /etc/profile

4. knowledgeの配置

knowledge.warをダウンロードして、tomcatのwebapps下に配置します。

cd /usr/local/tomcat/webapps/
wget https://github.com/support-project/knowledge/releases/download/v1.10.0/knowledge.war

5. 起動とログイン

tomcatを起動して、ブラウザから確認します。

・起動

/usr/local/tomcat/bin/startup.sh

・Firewallの対応
8080番ポートを利用するので、事前に8080番ポートが通るようにしておいてください。

・ブラウザから確認

http://IPアドレス:8080/knowledge

・ログイン
デフォルトのユーザとパスワードは以下のようになっています。 ログイン後、変更して下さい。

ID: admin
Password: admin123

別の管理ユーザを作成したら、再ログインしてみましょう。

DBをPostgresqlに切り替える方法は、↓に記載しました。
http://qiita.com/htakeda/items/b4247144cb51edeaedec

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away