Posted at

ローカルにCloud9をインストールしてRuby開発をはじめるまで

More than 1 year has passed since last update.

新人教育の開発環境として

CentOS6 + Cloud9 + Ruby + sinatra

を選定したので、開発環境の構築手順を以下にメモしておきます。

※ 便利なクラウドサービスであるCloud9ですが、やっぱりローカルで使いたいですよね。

Cloud9のgithubはここ

https://github.com/c9/core

いずれまるまるdockerのイメージにしたい。


CentOS6のインストール


VirtualBoxのインストール

https://www.virtualbox.org/

ここからDL


仮想マシンの作成

VirtualBox上で実行

- メモリ 2048MB

- ストレージ

- VDI

- サイズ:10GB程度


仮想マシンの設定変更

ネットワークのアダプター1をブリッジアダプターにしておきましょう。

image


CentOS6のインストール

CentOS-6.7-x86_64-minimal.iso

作成した仮想マシンにCentOS6.7をインストールしてください

VirtualBoxを使用してインストールしてください。

http://www.kakiro-web.com/memo/centos6-install.html


teratermからアクセス

CentOSにログインできたら、Terminal(端末)からifconfigを実行してIPアドレスを確認。

Window端末から、Teratermを用いて対象端末にSSH接続を行ってください。

service iptables stop

setenforce 0

vi /etc/ssh/sshd_config

#以下のコメントアウトを外します。

Port 22
PermitRootLogin yes

service sshd restart


ネットワーク設定

 vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0

ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.100.100
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.100.1
DNS1=8.8.8.8
DNS2=8.8.4.4
[root@dlp ~]# /etc/rc.d/init.d/network restart


サーバ上に開発環境のインストール


いろいろインストール

 yum install -y git gcc gcc-c++ openssl-devel readline-devel glibc-static


rbenv、という、Rubyのバージョンを自由自在に変更するソフトを入れましょう。

#rbenvの取得

git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
#rbenvコマンドを実行可能に。
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
exec $SHELL -l
rbenv -v
git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

#インストールできるRubyのリストを確認
rbenv install --list

#バージョンを指定してインストール(今回は2.3.0)
#結構長いです(30分程度)。本でも読みましょう。
rbenv install 2.3.0

#使用するRubyバージョンを指定
rbenv global 2.3.0

※先にRubyをインストールしてしまっている場合は、yum remove rubyしておきましょう。


cloud9のインストール

無敵のブラウザエディターです。


Python2.7インストール

どうやら必要らしいのでいれましょう

以下を参考にさせていただきました。

http://qiita.com/informationsea/items/2a91ca07157a94b8594b

python -V

sudo yum install centos-release-scl-rh -y
sudo yum install python27 -y
echo 'scl enable python27 bash' >> ~/.bash_profile
exec $SHELL -l
#Pythonのバージョンがあがっているはず
python -V


cloud9インストール

git clone git://github.com/c9/core.git c9sdk

cd c9sdk
# インストール開始
# 地獄みたいにながいので、20分位。本でも読むか、コーヒーでものんで待ちましょう。
scripts/install-sdk.sh


nodejs インストール

yum install epel-release

yum install nodejs npm --enablerepo=epel


作業スペースを作成

mkdir /opt/workspace

chmod 777 /opt/workspace
chmod 777 /root/.c9


cloud9 起動

前準備としてcd c9sdk でc9sdkディレクトリに移動


このコマンドでファイアーウォールを止める

node ./server.js -p 8081 -l 0.0.0.0 -a test:test -w /opt/workspace/

以下のURLにブラウザからアクセス

http://[IPアドレス]:8081

ユーザID: test

パスワード: test


sinatraのインストール

gem update --system

gem install rdoc
gem install sinatra
gem install sinatra-contrib
gem install sinatra-reloader

以上で完了です。