Edited at

Arduino IDE でプログラミング

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

これは micro:bit Advent Calendar 7 日目の記事です。


Arduino IDE で micro:bit を使えるようにする


ライブラリの導入


  1. Arduino IDE の [ファイル | 環境設定] で "追加のボードマネージャの URL" に以下の URL を追加。

https://sandeepmistry.github.io/arduino-nRF5/package_nRF5_boards_index.json


  1. [ツール | ボード | ボードマネーシャ] でボードマネーシャを開く。


  2. Nordic Semiconductor nRF5 based boards を探してインストール



  1. [ツール | ボード:] で BBC micro:bit を選べるようになる。

コンパイルするとスケッチは自動的に micro:bit へ転送されるため、micro:bit ドライブに .hex をドロップする必要はありません。


追加ライブラリの導入

上記ライブラリは nRF5 シリーズ用の汎用ライブラリであり micro:bit 専用ではないため、例えば LED スクリーンにお手軽に文字列を表示する方法はありません。

...ので、ライブラリを作りました。


hello.ino

#include "microbit_Screen.h"


void setup() {
SCREEN.begin();
}

void loop() {
SCREEN.showString("HELLO,WORLD.");
SCREEN.showString("micro:bit!");
}


これを使えば簡単に文字列を表示できます。

...ですけどね、奥さん。実は Adafruit もライブラリ作ってるんですよ。

もうちょっと早く作ってくれたら自分で作る事はなかったかも。


終わりに

Arduino IDE でもお手軽に micro:bit プログラミングできるよ!というお話でした。

See Also: