PythonでGoogle ColaboratoryとGoogle Driveのファイルのやりとりする(1)

Google Colaboratoryはとても便利ですが、ファイルのやりとりが若干めんどくさいのが難点。Google Drive公式のpython APIを利用して、ファイルのアップロード、ダウンロードを便利にしましょう。

大まかな流れとしては、APIを作成し認証用のjsonファイルを作成し、そのファイルやライブラリをインストールしたうえで、クエリを使用してファイルやフォルダのGoogle Drive上でのidを取得し、ファイルのダウンロードやアップロードを行うという流れになります。
記事が長くなるため、3記事に分けて投稿します。

0.Google Colaboratoryを使う
1.CLI APIを作成する
2.必要なライブラリのインストール
3.serviceの作成
4.queryの実行によるidの取得
5.Goole Driveからのファイルのダウンロード、アップロード
6.Githubを利用した方法

0.Google Colaboratoryを使う

Chromeで"Google Colaboratory"と検索して
Hello, Colaboratory - Colaboratory - Google
を開くと下記のような画面が出てくるので、「ノートブックを新規作成」、
「PYTHON3 の新しいノートブック」を選ぶ。

colaboratory.png

ノートブックの名前が「Untitled0.ipynb」など適当な名前になっているので、
タイトルを「gdrive.ipynb」などにする。
Google Driveを確認すると
「Colab Notebooks」というフォルダが作成され、その中に「gdrive.ipynb」
が作成されています。
次回からはGoogle Drive上で「gdrive.ipynb」を右クリックして、「アプリで開く」、
「Collaboratory」と選ぶだけでJupyter Notebookが使えます。(ちなみにAndroid端末やipadでも最初に書いたGoogle検索経由でアクセスすればColaboratoryが使えます。)

gdrive.png

1.CLI APIを作成する(STEP 1 Turn on the Drive API)

google Google Drive REST API Overview
https://developers.google.com/drive/v3/web/about-sdk

quick start for python
https://developers.google.com/drive/v3/web/quickstart/python

quick start for pythonのリンク先を開くと、
Step 1: Turn on the Drive API
Use this wizard to create or select a project in the Google Developers Console and automatically turn on the API. Click Continue, then Go to credentials.
と書いてあるので、"this wizard"の部分のリンク
「同意をはいにする」「同意して続行」
select_project.png

「認証情報に進む」①
ninsyo.png

「Google Drive API」「その他のUI」「ユーザーデータ」②
ninsyo2.png

「名前をつける」「クライアントIDの作成」③
ninsyo3.png

「アドレス選択」「名前を入力」「次へ」④
ninsyo4.png

「完了」(ダウンロードはしない。)⑤
ninsyo5.png

ごみ箱の右に、ダウンロードっぽいボタンがあるのでクリック。⑥
名前を、”client_secret.json”に直しておく。
ninsyo6.png

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.