Help us understand the problem. What is going on with this article?

Power BI 軸の"連続"と"カテゴリ別"の違い

はじめに

棒グラフ、折れ線グラフのプロパティを全部動かしてみました。
そして せっかくだからまとめておいたら、誰かに説明するときに便利かも、、と思い投稿してみました。

きっかけは X軸の型 の違いでハマったり、便利な標準機能を知らずに 別の方法を試行錯誤してたことがあったため。

特に 連続とカテゴリを切り替えると、
X軸プロパティだけでなく、データラベルや図形のプロパティも変わってくるので、
一度整理したいと思ってた個人的なタスクでした。

この記事では型(連続/カテゴリ)やグラフ(棒/折れ線)によって変わるプロパティや、名前から効果を想像しにくいプロパティを取り上げてます。

棒グラフ、折れ線グラフのX軸の型には、連続とカテゴリがあります

image.png

連続とは

途切れることなく続く、数値データのこと。連続 にする項目は時系列データが多いと思います。

カテゴリとは

連続してなかったり、そもそも序列が関係ないデータのこと。
テキストデータは カテゴリ しか選べません。

例えば
『2019、2020、2021、…』というデータは、連続 か カテゴリ を選べますが、
『2019年、2020年、2021年、…』はカテゴリになります。

各プロパティを動かすと何が変わる?

X軸

スケールの種類(連続のみ)

image.png

カテゴリの最小値(カテゴリのみ)

image.png

最大サイズ(カテゴリのみ)

image.png

内側のパディング(カテゴリのみ・棒のみ)

image.png

ラベルの連結(カテゴリのみ)

image.png

グリッド線(連続のみ)

image.png

データラベル

方向(縦棒のみ。連続/カテゴリ 共通)

image.png

オーバーフローテキスト(棒のみ。連続/カテゴリ 共通)

オーバーフローがオフの場合で
データラベルを内側にすると (横幅を狭くする等で)棒の内側に収まらないと表示されませんが、
オーバーフローをオンにすれば、はみ出しながらも表示されるようになります。
image.png
※2018年2月アップデート[ブログ] [Youtube]

ラベルの密度(%)(連続のみ)

image.png

図形

ストロークの幅

線の太さ。線無しにもできます
image.png

マーカーの表示

image.png

線の有無とマーカー有無を組み合わせると

image.png

ステップ

オンにすると階段グラフになります
image.png

結合の種類

image.png

今まで違いを気にせず使ってて、今回初めて知った結合の種類。
そして今後もたぶん使い分けることはないだろうなーと思いました。。。
日本語版だと ラウンドが四捨五入と訳されてて ますます分からんよな…。

一覧

image.png

まとめ

Power BIに限らず、新しいツールを覚えるときは、
メニューを1つ1つ動かしてみて、何ができるのか?何ができないのか?
を片っ端から調べると、コツコツとレベルアップできるかなーと個人的に思ってます。正直、面倒な気持ちもありますが。

DAXやPower Queryを勉強する場合、
エラーが出たけどエラーメッセージの意味がわからない!とか
思い通りの結果にならないけど原因がわからない!

なんてことが よくあってツライですが、
ボタンやプロパティを動かすだけなら さほど難しくありません。

何かやりたいことがあるとき、
(特にエンジニア職な人は)自分が今持っているモノを組み合わせて何とかしようと 頑張ってしまう(のは悪いことではないと思う)けど、
まずは標準機能で解決できないか?を一度調べてみるのはオススメです!(自戒を込めて)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした