PHP

PHPの「mb_convert_kana」風 文字列置換え(PHP版)

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

今更ながら「mb_convert_kana」の変換する文字列の範囲について調べてみました」で「mb_convert_kana」がどのような変換を行うかを検証してみましたが、思っていたよりも変換の範囲が狭かったので、日本語の文字の揺らぎを丸める為の関数をPHP版とJavaScript版で作ってみました。

PHPの「mb_convert_kana」風 文字列置換え(PHP版):point_left: この投稿

PHPの「mb_convert_kana」風 文字列置換え(JavaScript版)


参考




convertKana()


使い方

「mb_convert_kana」と同じような使い方をします。

ただし、オプションに指定する文字列は先頭から順番に実行されるため、実行の順番によっては予想していた結果と異なる場合もあります。

説明はソースの中に入れていますので、詳しくはソースの中身を確認してください。

なお、簡単なテストコードは通していますが、組み合わせが多数あるため全てを網羅しているわけではありませんので、使用の際にはご自身でご検証ください。

echo convertKana('アイウエオ12345','c');

// アイウエオ12345


ソース

/**

* PHPの「mb_convert_kana」風文字列置換え
*
* 入力文字列の揺らぎの修正を主な目的としていますので「mb_convert_kana」とは
* 異なります。
*
* オプション文字列の先頭から変換関数を順番に実行していきます。
*
* 再変換時に元の文字列に戻る保障はありません。
* 文字数が変わる可能性があります。
* 「濁点」「半濁点」の揺らぎの修正をデフォルトで行います。
* 「ゕゖ」を「ヵヶ」にデフォルトで変換します。
* 「水平タブ(HT)」をスペース4文字に展開します。
* 「改行(LF)」以外の制御文字を空文字に変換します。
* 半角カタカナは全角カタカナに置き換えられます。
*
* オプションの相違点
* 「h」「H」「K」「k」は存在しません。半角カタカナはデフォルトで
* 全角カタカナに変換されます。
* 「V」は「う濁」から「は濁」への変換となります。
*
* ひらがなに無いカタカナは変換しません。
* 「ㇰ」「ㇱ」「ㇲ」「ㇳ」「ㇴ」「ㇵ」「ㇶ」「ㇷ」
* 「ㇸ」「ㇹ」「ㇺ」「ㇻ」「ㇼ」「ㇽ」「ㇾ」「ㇿ」
*
* 合成できなかった濁点・半濁点は単独の濁点(U+309B)・半濁点(U+309C)になります。
* NFKC正規化では「U+3099(゙)」「U+309A(゚)」ですがフォントによっては
* うまく表示されないための対処です。
* 「mb_convert_kana」と同じ処理になります。
*
* http://hydrocul.github.io/wiki/blog/2014/1127-unicode-nfkd-mb-convert-kana.html
*
* オプションで使用する文字列
* r: 「全角」英字を「半角」に変換します。
* R: 「半角」英字を「全角」に変換します。
* n: 「全角」数字を「半角」に変換します。
* N: 「半角」数字を「全角」に変換します。
* a: 「全角」英数字記号を「半角」に変換します。
* A: 「半角」英数字記号を「全角」に変換します。
* s: 「全角」スペースを「半角」に変換します(U+3000 -> U+0020)。
* S: 「半角」スペースを「全角」に変換します(U+0020 -> U+3000)。
* c: 「全角カタカナ」を「全角ひらがな」に変換します。
* C: 「全角ひらがな」を「全角カタカナ」に変換します。
* v: 「う濁」を「は濁」に変換します。
* V: 「ウ濁」を「ハ濁」に変換します。
* Q: 「半角」クォーテーション、「半角」アポストロフィを「全角」に変換します。
* q: 「全角」クォーテーション、「全角」アポストロフィを「半角」に変換します。
* B: 「半角」バックスラッシュを「全角」に変換します。
* b: 「全角」バックスラッシュを「半角」に変換します。
* T: 「半角」チルダを「全角」にチルダ変換します。
* t: 「全角」チルダを「半角」チルダに変換します。
* W: 全角「波ダッシュ」を全角「チルダ」に変換します。
* w: 全角「チルダ」を全角「波ダッシュ」に変換します。
* P: 「ハイフン、ダッシュ、マイナス」を「全角ハイフンマイナス」に変換します。(U+FF0D)
* p: 「ハイフン、ダッシュ、マイナス」を「半角ハイフンマイナス」に変換します。(U+002D)
* U: 「U+0021」~「U+007E」以外の「半角」記号を「全角」記号に変換します。
* u: 「U+0021」~「U+007E」以外の「全角」記号を「半角」記号に変換します。
* X: 「カッコ付き文字」を「半角括弧と中の文字」に展開します。
* Y: 集合文字を展開します。(単位文字以外)
* Z: 小字形文字を大文字に変換します。(U+FE50~U+FE6B)
*
* @param String $str 変換する文字列
* @param String $opt 変換オプション
*
* @return String 変換された文字列
*/

function convertKana($str = '', $opt = '')
{
// 変換する文字・オプションが文字列でない場合はそのまま返す
if (!is_string($str) or ! is_string($opt)) {
return $str;
}

/** ------------------------------------------------------------------------
* ここから文字の揺らぎを修正する初期化関数です。
* ---------------------------------------------------------------------- */

$init = function() use(&$str) {
// 「水平タブ(HT)」をスペース4文字に展開します。
// 「ゕゖ」を「ヵヶ」に変換します。
// 「U+3099(゙)」「U+309A(゚)」を単独の濁点
// 「U+309B(゛)」「U+309C(゜)」に変換します。
$src = array("\t", '゙', '゚', 'ゕ', 'ゖ');
$rep = array(' ', '゛', '゜', 'ヵ', 'ヶ');
$str = str_replace($src, $rep, $str);

// 半角カタカナを全角カタカナに変換します。
$str = mb_convert_kana($str, 'KV');

// 「改行(LF)」以外の制御文字を空文字に変換します。
$str = preg_replace('/[\x00-\x09\x0b-\x1f\x7f-\x9f]/u', '', $str);
// unicodoの制御文字を空文字に変換します。
$decoded = json_decode(
'["' .
'\u2000\u2001\u2002\u2003\u2004\u2005\u2006\u2007' .
'\u2008\u2009\u200A\u200B\u200C\u200D\u200E\u200F' .
'\u2028\u2029\u202A\u202B\u202C\u202D\u202E' .
'\u2060' .
'\u206A\u206B\u206C\u206D\u206E\u206F' .
'\uFFF9\uFFFA\uFFFB' .
'"]', true)[0];
$str = str_replace($decoded, '', $str);

// 濁点・半濁点付きの文字を一文字に変換します。
//
// 「ゔ」は「う゛」に展開されます。
// 「わ゛」は「う゛ぁ」に変換されます。
// 「ゐ゛」は「う゛ぃ」に変換されます。
// 「ゑ゛」は「う゛ぇ」に変換されます。
// 「を゛」は「う゛ぉ」に変換されます。
// 「ヷ」「ワ゛」は「ヴァ」に展開されます。
// 「ヸ」「ヰ゛」は「ヴィ」に展開されます。
// 「ヹ」「ヱ゛」は「ヴェ」に展開されます。
// 「ヺ」「ヲ゛」は「ヴォ」に展開されます。
$multi = array(
'か゛', 'き゛', 'く゛', 'け゛', 'こ゛',
'さ゛', 'し゛', 'す゛', 'せ゛', 'そ゛',
'た゛', 'ち゛', 'つ゛', 'て゛', 'と゛',
'は゛', 'ひ゛', 'ふ゛', 'へ゛', 'ほ゛',
'は゜', 'ひ゜', 'ふ゜', 'へ゜', 'ほ゜',
'ゔ', 'ゝ゛',
'わ゛', 'ゐ゛', 'ゑ゛', 'を゛',
'カ゛', 'キ゛', 'ク゛', 'ケ゛', 'コ゛',
'サ゛', 'シ゛', 'ス゛', 'セ゛', 'ソ゛',
'タ゛', 'チ゛', 'ツ゛', 'テ゛', 'ト゛',
'ハ゛', 'ヒ゛', 'フ゛', 'ヘ゛', 'ホ゛',
'ハ゜', 'ヒ゜', 'フ゜', 'ヘ゜', 'ホ゜',
'ウ゛', 'ヽ゛',
'ワ゛', 'ヰ゛', 'ヱ゛', 'ヲ゛',
'ヷ', 'ヸ', 'ヹ', 'ヺ'
);
$single = array(
'が', 'ぎ', 'ぐ', 'げ', 'ご',
'ざ', 'じ', 'ず', 'ぜ', 'ぞ',
'だ', 'ぢ', 'づ', 'で', 'ど',
'ば', 'び', 'ぶ', 'べ', 'ぼ',
'ぱ', 'ぴ', 'ぷ', 'ぺ', 'ぽ',
'う゛', 'ゞ',
'う゛ぁ', 'う゛ぃ', 'う゛ぇ', 'う゛ぉ',
'ガ', 'ギ', 'グ', 'ゲ', 'ゴ',
'ザ', 'ジ', 'ズ', 'ゼ', 'ゾ',
'ダ', 'ヂ', 'ヅ', 'デ', 'ド',
'バ', 'ビ', 'ブ', 'ベ', 'ボ',
'パ', 'ピ', 'プ', 'ペ', 'ポ',
'ヴ', 'ヾ',
'ヴァ', 'ヴィ', 'ヴェ', 'ヴォ',
'ヴァ', 'ヴィ', 'ヴェ', 'ヴォ'
);

$str = str_replace($multi, $single, $str);
};

/** ------------------------------------------------------------------------
* ここからオプションの文字により変換を行う関数です。
* ---------------------------------------------------------------------- */

$convert = function($s) use(&$str) {
switch ($s) {
// r: 「全角」英字を「半角」に変換します。
case 'r':
$str = mb_convert_kana($str, 'r');
break;

// R: 「半角」英字を「全角」に変換します。
case 'R':
$str = mb_convert_kana($str, 'R');
break;

// n: 「全角」数字を「半角」に変換します。
case 'n':
$str = mb_convert_kana($str, 'n');
break;

// N: 「半角」数字を「全角」に変換します。
case 'N':
$str = mb_convert_kana($str, 'N');
break;

// a: 「全角」英数字記号を「半角」に変換します。
//
// "a", "A" オプションに含まれる文字は、
// U+0022, U+0027, U+005C, U+007Eを除く(" ' \ ~ )
// U+0021 - U+007E の範囲です。
case 'a':
$str = mb_convert_kana($str, 'a');
break;

// A: 「半角」英数字記号を「全角」に変換します 。
//
// "a", "A" オプションに含まれる文字は、
// U+0022, U+0027, U+005C, U+007Eを除く(" ' \ ~ )
// U+0021 - U+007E の範囲です。
case 'A':
$str = mb_convert_kana($str, 'A');
break;

// s: 「全角」スペースを「半角」に変換します(U+3000 -> U+0020)。
case 's':
$str = mb_convert_kana($str, 's');
break;

// S: 「半角」スペースを「全角」に変換します(U+0020 -> U+3000)。
case 'S':
$str = mb_convert_kana($str, 'S');
break;

// c: 「全角カタカナ」を「全角ひらがな」に変換します。
//
// 「ヽヾ」は「ゝゞ」に変換されます。
// 「ヴ」は「う゛」に展開されます。
// 「ヶ」は変換されません。(変換先が「か」「が」「こ」の複数あるため)
// 「ヵ」は「か」に変換されます。
// http://www.wikiwand.com/ja/%E6%8D%A8%E3%81%A6%E4%BB%AE%E5%90%8D
case 'c':
$str = mb_convert_kana($str, 'c');
$kana = array('ヴ', 'ヵ', 'ヽ', 'ヾ');
$hira = array('う゛', 'か', 'ゝ', 'ゞ');
$str = str_replace($kana, $hira, $str);
break;

// C: 「全角ひらがな」を「全角カタカナ」に変換します。
//
// 「ゝゞ」は「ヽヾ」に変換されます。
// 「う゛」は「ヴ」に結合されます。
case 'C':
$str = mb_convert_kana($str, 'C');
$hira = array('ウ゛', 'ゝ', 'ゞ');
$kana = array('ヴ', 'ヽ', 'ヾ');
$str = str_replace($hira, $kana, $str);
break;

// v: 「う濁」を「は濁」に変換します。
//
// 「う゛ぁ」「う゛ぃ」「う゛」「う゛ぇ」「う゛ぉ」を
// 「ば」「び」「ぶ」「べ」「ぼ」に変換します。
case 'v':
$udaku = array(
'う゛ぁ', 'う゛ぃ', 'う゛ぇ', 'う゛ぉ', 'う゛',
'ゔぁ', 'ゔぃ', 'ゔぇ', 'ゔぉ', 'ゔ'
);
$hadaku = array(
'ば', 'び', 'べ', 'ぼ', 'ぶ',
'ば', 'び', 'べ', 'ぼ', 'ぶ'
);
$str = str_replace($udaku, $hadaku, $str);
break;

// V: 「ウ濁」を「ハ濁」に変換します。
//
// 「ヴァ」「ヴィ」「ヴ」「ヴェ」「ヴォ」を
// 「バ」「ビ」「ブ」「ベ」「ボ」に変換します。
case 'V':
$udaku = array(
'ウ゛ァ', 'ウ゛ィ', 'ウ゛ェ', 'ウ゛ォ', 'ウ゛',
'ヴァ', 'ヴィ', 'ヴェ', 'ヴォ', 'ヴ'
);
$hadaku = array(
'バ', 'ビ', 'ベ', 'ボ', 'ブ',
'バ', 'ビ', 'ベ', 'ボ', 'ブ'
);
$str = str_replace($udaku, $hadaku, $str);
break;

// Q: 半角クォーテーション、半角アポストロフィを全角に変換します。
case 'Q':
$han = array('"', "'");
$zen = array('"', ''');
$str = str_replace($han, $zen, $str);
break;

// q: 全角クォーテーション、全角アポストロフィを半角に変換します。
case 'q':
$han = array('"', "'");
$zen = array('"', ''');
$str = str_replace($zen, $han, $str);
break;

// B: 半角バックスラッシュを全角に変換します。
case 'B':
$han = "\\";
$zen = '\';
$str = str_replace($han, $zen, $str);
break;

// b: 全角バックスラッシュを半角に変換します。
case 'b':
$han = "\\";
$zen = '\';
$str = str_replace($zen, $han, $str);
break;

// T: 半角チルダを全角にチルダ変換します。
case 'T':
$han = '~';
$zen = '~';
$str = str_replace($han, $zen, $str);
break;

// t: 全角チルダを半角チルダに変換します。
case 't':
$han = '~';
$zen = '~';
$str = str_replace($zen, $han, $str);
break;

// W: 全角波ダッシュを全角チルダに変換します。
case 'W':
$nami = '〜';
$tilde = '~';
$str = str_replace($nami, $tilde, $str);
break;

// w: 全角チルダを全角波ダッシュに変換します。
case 'w':
$nami = '〜';
$tilde = '~';
$str = str_replace($tilde, $nami, $str);
break;

// P: ハイフン、ダッシュ、マイナスを全角ハイフンマイナスに変換します。(U+FF0D)
// 英数記号の後ろにある全角・半角長音符も含む
//
// http://hydrocul.github.io/wiki/blog/2014/1101-hyphen-minus-wave-tilde.html
// 「U+002D」半角ハイフンマイナス
// 「U+FE63」小さいハイフンマイナス。NFKD/NFKC正規化で U+002D
// 「U+FF0D」全角ハイフンマイナス
// 「U+2212」「U+207B」「U+208B」マイナス
// 「U+2010」「U+2011」ハイフン
// 「U+2012」~「U+2015」「U+FE58」ダッシュ
case 'P':
$phyhen = array(
'-', '﹣', '-', '−', '⁻', '₋',
'‐', '‑', '‒', '–', '—', '―', '﹘'
);
$change = '-';
$str = str_replace($phyhen, $change, $str);
$str = preg_replace('/([!-~!-~])(ー|ー)/u', '$1' . $change, $str);
break;

// p: ハイフン、ダッシュ、マイナスを半角ハイフンマイナスに変換します。(U+002D)
// 英数記号の後ろにある全角・半角長音符も含む
//
// http://hydrocul.github.io/wiki/blog/2014/1101-hyphen-minus-wave-tilde.html
// 「U+002D」半角ハイフンマイナス
// 「U+FE63」小さいハイフンマイナス。NFKD/NFKC正規化で U+002D
// 「U+FF0D」全角ハイフンマイナス
// 「U+2212」「U+207B」「U+208B」マイナス
// 「U+2010」「U+2011」ハイフン
// 「U+2012」~「U+2015」「U+FE58」ダッシュ
case 'p':
$phyhen = array(
'-', '﹣', '-', '−', '⁻', '₋',
'‐', '‑', '‒', '–', '—', '―', '﹘'
);
$change = '-';
$str = str_replace($phyhen, $change, $str);
$str = preg_replace('/([!-~!-~])(ー|ー)/u', '$1' . $change, $str);
break;

// U: 「U+0021」~「U+007E」以外の「半角」記号を「全角」記号に変換します。
//
// http://www.asahi-net.or.jp/~ax2s-kmtn/ref/unicode/uff00.html
case 'U':
$han = array(
'⦅', '⦆', '¢', '£', '¬', '¯', '¦', '¥',
'₩', '│', '←', '↑', '→', '↓', '■', '○'
);
$zen = array(
'⦅', '⦆', '¢', '£', '¬', ' ̄', '¦', '¥',
'₩', '│', '←', '↑', '→', '↓', '■', '○'
);
$str = str_replace($han, $zen, $str);
break;

// u: 「U+0021」~「U+007E」以外の「全角」記号を「半角」記号に変換します。
//
// http://www.asahi-net.or.jp/~ax2s-kmtn/ref/unicode/uff00.html
case 'u':
$han = array(
'⦅', '⦆', '¢', '£', '¬', '¯', '¦', '¥',
'₩', '│', '←', '↑', '→', '↓', '■', '○'
);
$zen = array(
'⦅', '⦆', '¢', '£', '¬', ' ̄', '¦', '¥',
'₩', '│', '←', '↑', '→', '↓', '■', '○'
);
$str = str_replace($zen, $han, $str);
break;

// X: カッコ付き文字を半角括弧と中の文字に展開します。
//
// http://www.asahi-net.or.jp/~ax2s-kmtn/ref/unicode/u2460.html
// http://www.asahi-net.or.jp/~ax2s-kmtn/ref/unicode/u3200.html
case 'X':
$single = array(
'⑴', '⑵', '⑶', '⑷', '⑸',
'⑹', '⑺', '⑻', '⑼', '⑽',
'⑾', '⑿', '⒀', '⒁', '⒂',
'⒃', '⒄', '⒅', '⒆', '⒇',
'⒜', '⒝', '⒞', '⒟', '⒠', '⒡', '⒢', '⒣',
'⒤', '⒥', '⒦', '⒧', '⒨', '⒩', '⒪', '⒫',
'⒬', '⒭', '⒮', '⒯', '⒰', '⒱', '⒲', '⒳',
'⒴', '⒵',
'㈠', '㈡', '㈢', '㈣', '㈤',
'㈥', '㈦', '㈧', '㈨', '㈩',
'㈪', '㈫', '㈬', '㈭', '㈮', '㈯', '㈰',
'㈱', '㈲', '㈳', '㈴', '㈵', '㈶', '㈷',
'㈸', '㈹', '㈺', '㈻', '㈼', '㈽', '㈾',
'㈿', '㉀', '㉁', '㉂', '㉃'
);
$multi = array(
'(1)', '(2)', '(3)', '(4)', '(5)',
'(6)', '(7)', '(8)', '(9)', '(10)',
'(11)', '(12)', '(13)', '(14)', '(15)',
'(16)', '(17)', '(18)', '(19)', '(20)',
'(a)', '(b)', '(c)', '(d)', '(e)', '(f)', '(g)', '(h)',
'(i)', '(j)', '(k)', '(l)', '(m)', '(n)', '(o)', '(p)',
'(q)', '(r)', '(s)', '(t)', '(u)', '(v)', '(w)', '(x)',
'(y)', '(z)',
'(一)', '(二)', '(三)', '(四)', '(五)',
'(六)', '(七)', '(八)', '(九)', '(十)',
'(月)', '(火)', '(水)', '(木)', '(金)', '(土)', '(日)',
'(株)', '(有)', '(社)', '(名)', '(特)', '(財)', '(祝)',
'(労)', '(代)', '(呼)', '(学)', '(監)', '(企)', '(資)',
'(協)', '(祭)', '(休)', '(自)', '(至)'
);
$str = str_replace($single, $multi, $str);
break;

// Y: 集合文字を展開します。(単位文字以外)
//
// http://www.asahi-net.or.jp/~ax2s-kmtn/ref/unicode/u2460.html
// http://www.asahi-net.or.jp/~ax2s-kmtn/ref/unicode/u3200.html
// http://www.asahi-net.or.jp/~ax2s-kmtn/ref/unicode/u3300.html
case 'Y':
$single = array(
'㌀', '㌁', '㌂', '㌃', '㌄', '㌅',
'㌆', '㌇', '㌈', '㌉', '㌊', '㌋',
'㌌', '㌍', '㌎', '㌏', '㌐', '㌑', '㌒',
'㌓', '㌔', '㌕', '㌖', '㌗', '㌘',
'㌙', '㌚', '㌛', '㌜', '㌝', '㌞',
'㌟', '㌠', '㌡', '㌢', '㌣', '㌤',
'㌥', '㌦', '㌧', '㌨', '㌩', '㌪', '㌫',
'㌬', '㌭', '㌮', '㌯', '㌰', '㌱', '㌲',
'㌳', '㌴', '㌵', '㌶', '㌷', '㌸',
'㌹', '㌺', '㌻', '㌼', '㌽', '㌾', '㌿',
'㍀', '㍁', '㍂', '㍃', '㍄', '㍅', '㍆',
'㍇', '㍈', '㍉', '㍊', '㍋', '㍌',
'㍍', '㍎', '㍏', '㍐', '㍑', '㍒', '㍓',
'㍔', '㍕', '㍖', '㍗',
'㍿', '㍻', '㍼', '㍽', '㍾',
'㋀', '㋁', '㋂', '㋃', '㋄', '㋅',
'㋆', '㋇', '㋈', '㋉', '㋊', '㋋',
'㏠', '㏡', '㏢', '㏣', '㏤',
'㏥', '㏦', '㏧', '㏨', '㏩',
'㏪', '㏫', '㏬', '㏭', '㏮',
'㏯', '㏰', '㏱', '㏲', '㏳',
'㏴', '㏵', '㏶', '㏷', '㏸',
'㏹', '㏺', '㏻', '㏼', '㏽', '㏾',
'㍘', '㍙', '㍚', '㍛', '㍜', '㍝',
'㍞', '㍟', '㍠', '㍡', '㍢',
'㍣', '㍤', '㍥', '㍦', '㍧',
'㍨', '㍩', '㍪', '㍫', '㍬',
'㍭', '㍮', '㍯', '㍰',
'⒈', '⒉', '⒊', '⒋', '⒌', '⒍', '⒎', '⒏', '⒐', '⒑',
'⒒', '⒓', '⒔', '⒕', '⒖', '⒗', '⒘', '⒙', '⒚', '⒛',
'№', '℡', '㏍', '㏇', '㏂', '㏘'
);
$multi = array(
'アパート', 'アルファ', 'アンペア', 'アール', 'イニング', 'インチ',
'ウォン', 'エスクード', 'エーカー', 'オンス', 'オーム', 'カイリ',
'カラット', 'カロリー', 'ガロン', 'ガンマ', 'ギガ', 'ギニー', 'キュリー',
'ギルダー', 'キロ', 'キログラム', 'キロメートル', 'キロワット', 'グラム',
'グラムトン', 'クルゼイロ', 'クローネ', 'ケース', 'コルナ', 'コーポ',
'サイクル', 'サンチーム', 'シリング', 'センチ', 'セント', 'ダース',
'デシ', 'ドル', 'トン', 'ナノ', 'ノット', 'ハイツ', 'パーセント',
'パーツ', 'バーレル', 'ピアストル', 'ピクル', 'ピコ', 'ビル', 'ファラッド',
'フィート', 'ブッシェル', 'フラン', 'ヘクタール', 'ペソ', 'ペニヒ',
'ヘルツ', 'ペンス', 'ページ', 'ベータ', 'ポイント', 'ボルト', 'ホン',
'ポンド', 'ホール', 'ホーン', 'マイクロ', 'マイル', 'マッハ', 'マルク',
'マンション', 'ミクロン', 'ミリ', 'ミリバール', 'メガ', 'メガトン',
'メートル', 'ヤード', 'ヤール', 'ユアン', 'リットル', 'リラ', 'ルピー',
'ルーブル', 'レム', 'レントゲン', 'ワット',
'株式会社', '平成', '昭和', '大正', '明治',
'1月', '2月', '3月', '4月', '5月', '6月',
'7月', '8月', '9月', '10月', '11月', '12月',
'1日', '2日', '3日', '4日', '5日',
'6日', '7日', '8日', '9日', '10日',
'11日', '12日', '13日', '14日', '15日',
'16日', '17日', '18日', '19日', '20日',
'21日', '22日', '23日', '24日', '25日',
'26日', '27日', '28日', '29日', '30日', '31日',
'0点', '1点', '2点', '3点', '4点', '5点',
'6点', '7点', '8点', '9点', '10点',
'11点', '12点', '13点', '14点', '15点',
'16点', '17点', '18点', '19点', '20点',
'21点', '22点', '23点', '24点',
'1.', '2.', '3.', '4.', '5.', '6.', '7.', '8.', '9.', '10.',
'11.', '12.', '13.', '14.', '15.', '16.', '17.', '18.', '19.',
'20.',
'No.', 'TEL', 'K.K.', 'Co.', 'a.m.', 'p.m.'
);
$str = str_replace($single, $multi, $str);
break;

// Z: 小字形文字を大文字に変換します。(U+FE50~U+FE6B)
// 「﹐﹑﹒﹔﹕﹖﹗﹘﹙﹚﹛﹜﹝﹞﹟﹠﹡﹢﹣﹤﹥﹦﹨﹩﹪﹫」
//
// 「U+FF58」は「U+2014」へマッピングされていますが、揺らぎの訂正のため
// 「U+002D(半角ハイフンマイナス)」に変換します。
//
// http://www.asahi-net.or.jp/~ax2s-kmtn/ref/unicode/ufe50.html
case 'Z':
$small = array(
'﹐', '﹑', '﹒', '﹔', '﹕', '﹖', '﹗', '﹘', '﹙', '﹚',
'﹛', '﹜', '﹝', '﹞', '﹟', '﹠', '﹡', '﹢', '﹣',
'﹤', '﹥', '﹦', '﹨', '﹩', '﹪', '﹫'
);
$big = array(
',', '、', '.', ';', ':', '?', '!', '-', '(', ')',
'{', '}', '〔', '〕', '#', '&', '*', '+', '-',
'<', '>', '=', "\\", '$', '%', '@'
);
$str = str_replace($small, $big, $str);
break;
default :
break;
}
};

// 文字列の初期化(揺らぎの訂正)を行ないます
$init();
// オプション文字列を分解して一文字ごとに$convertを実行します
array_map($convert, str_split($opt));

return $str;
}