Help us understand the problem. What is going on with this article?

オブジェクト同士のメッセージングにはEventDispatcher (EventListenerCustom) を

More than 3 years have passed since last update.

Cocos2d-xで、オブジェクトAが違うオブジェクトBに指令を送ってBのメソッドを実行する方法(v3系)です。

それにはEventDispatcherクラスのEventListenerCustomを使います。
UnityのSendMessage的な機能と言っていいと思います。

v3から頻繁に使うようになったEventDispatcherは単にOntouchBeganとかだけに使うと思ってましたが、それどころかもっと便利で深いもののようです。(v2からの移行時に面倒だなと思っていましたが今では汎用性があって良いなと思うようになりました。)

私はC++に造詣が深くないので、これをメッセージングと呼んでよいのか、純粋オブジェクト志向的には変かもしれないといった疑念がありますが、便利なことは確かですね。

イメージ

発信者のオブジェクト(Node , Layer , Spriteなど)
から
受信者のオブジェクト(Node , Layer , Spriteなど)

あらかじめイベントを登録しておく(=リスナーを付与しておく)イメージです。

送信側コード

「voice」は送信者の声、「myEventName」は待ち受けチャンネルのチューニング(ラジオの周波数的な)だと思ってみました。

MyLayer.cpp
//イベント発信側
auto event = EventCustom("myEventName");
auto voice = Value("聞こえますかー?");
event.setUserData(&voice);
getEventDispatcher()->dispatchEvent(&event);

受信側コード

リスナーなので、チューニングを合わせて「voice」を聞くイメージ、と思ってみました。

HelloWorld.cpp
//イベント受信側
auto reciever = EventListenerCustom::create("myEventName",[this](EventCustom* event)
{
  auto voice = (Value*)event->getUserData();
  log("「%s」", voice->asString().c_str());
});
getEventDispatcher()->addEventListenerWithFixedPriority(reciever, 1);

発揮されるCocos2d-x、v3系の良さ

リスナーと、ラムダ式。これだけでもv3系の良さを享受できましたね。

※※つかわなくなったリスナーは外そう※※

このような形でつかわなくなったカスタムリスナーは必ずはずしましょう。
同じ名前でイベントがかぶっている時のエラーがなかなか気づかないので凶悪です。(体験談)

Director::getInstance()->getEventDispatcher()->removeCustomEventListeners("someEvent");
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした