WordPress
ブログ
画像編集
拡張子
画像アップロード

Macのスクリーンショットで保存される画像の拡張子を変更する方法(jpg,gif)

More than 1 year has passed since last update.

Macには標準でスクリーンショット(スクリーンキャプチャ)の機能が搭載されています。

ディスプレイ全体をそのまま画像として保存する方法や画面の一部を任意で保存する方法があります。

このスクリーンショット画像ですが、デフォルトの拡張子は.png形式となっています。

画面説明や共有のためにキャプチャするのであれば問題ありませんが、ブログやWebサイトで利用したい場合は、ちょっと容量が大きいのが気になります。

そこで、できればjpgで保存されるようににしたいと考える人も多いのではないでしょうか。

今回は新しいMacを買ったらまずは設定しておきたいスクリーンショットのデフォルト拡張子を変更する方法を紹介します。

jpgの需要が高いと思いますが、ほかの拡張子にも変更できるので合わせて紹介します。


Macでスクリーンショットをとる方法


画面全体

shift + command (⌘) + 3


任意の範囲

shift + command + 4 で十字型のポインタが表示されるので、ドラッグして範囲を選択。


ウインドウのみ

shift + command + 4 を押したあとにスペースキーを押す。

十字型のポイントがカメラマークに変わるので、任意のウインドウ上でクリック。


jpg形式で保存する

まずは、ブロガーやライターには必須の、jpg形式に変更する方法です。

ターミナルを起動したら、

defaults write com.apple.screencapture type jpg

を入力してEnterを押します。

その後に、SystemUIServerを再起動するため下記を入力してEnter。

killall SystemUIServer

これで、スクリーンショットで保存される画像のファイル形式が.jpgに変更されます。


git形式やその他の拡張子で保存する

jpg形式のほかにも、gif形式やその他の拡張子に変更することも可能です。

対応している拡張子は


  • jpg

  • png

  • bmp

  • pdf

  • gif

  • tif

  • pict

  • jp2

  • psd

  • sgi

  • tga

変更方法は、

defaults write com.apple.screencapture type 変更したい拡張子

とするだけです。


例:gif形式に変更

defaults write com.apple.screencapture type gif

と入力してEnter。

つぎに、SystemUIServerを再起動するため、

killall SystemUIServer

と入力してEnter。


デフォルト拡張子に戻す

デフォルトの拡張子(png形式)に戻すには、下記を順番に入力してEnter。

defaults delete com.apple.screencapture type

killall SystemUIServer


まとめ

以上です。

ブログとかメディアをやっているとスクリーンショットを利用することが多いと思いますが、pngのままだと容量が大きいのがネックです。

TinyPNGで圧縮してもいいのですが、複数枚あるときは正直面倒くさい・・・。

ぜひ参考にしてみてください。