Help us understand the problem. What is going on with this article?

Slack の名前を表す項目のまとめ

Slack には fullname displayname username という3種類の名前を表す項目が存在しており、どう使い分けるのがいいかいつもわからなくなるためまとめる。

参考: Slack でメンバーの名前を管理する – Slack

項目ごと

氏名 / Full name / real_name

ユーザプロフィールで表示される名前で、本名を入れるべきっぽい項目。

半角スペースはもちろん入れれるし日本語も使える。
また、ワークスペース内で重複できる。

入力必須で、空白にすることはできない。

表示名 / Display name / display_name

メンションで表示される名前で、ニックネームなどを入れるべきっぽい項目。

半角スペースも日本語も使える。
こちらはワークスペース内で重複できないと思われがちだが、実はこちらも重複できる。

氏名と違って入力必須ではない。

ユーザ名 / username / name

今はもう使われていない名前?

画面上からは確認できず編集もできないので、普通に使っていたら知ることがない項目。

文字は半角英数記号のみで、アカウント登録時メールアドレスの @ より前の文字列が自動で設定されているっぽい。

管理画面からユーザ一覧 CSV をダンプしたり Slack API を叩いたりすると確認できるが、ChatBot 開発時などにユーザごとにユニークな文字列が欲しければ userid を使ったほうがよさそう。

用途ごと

メッセージに表示される名前

image.png

これは設定に応じて「氏名」「表示名」のどちらかが表示される。

ワークスペースのデフォルト設定はワークスペース管理者が設定することができる。
また、Slack アプリの「環境設定」からユーザ自身で設定を切り替えることもできる。

プロフィールに表示される名前

image.png

これは「氏名」が表示される。

メンションで表示される名前

image.png

これは「表示名」が表示される。
ただし「表示名」が設定されていないユーザは「氏名」が表示される。

image.png

入力補完の際は「氏名」「表示名」どちらでも補完される。

hoto17296
ゆとりデータ分析マン
https://hoto.me/
churadata
沖縄で データ分析 / 機械学習 / Deep Learning をやっている会社です
https://churadata.okinawa/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした