Posted at

Slack の名前を表す項目のまとめ

Slack には fullname displayname username という3種類の名前を表す項目が存在しており、どう使い分けるのがいいかいつもわからなくなるためまとめる。

参考: Slack でメンバーの名前を管理する – Slack


項目ごと


氏名 / fullname

ユーザプロフィールで表示される名前で、本名を入れるべきっぽい項目。

半角スペースはもちろん入れれるし日本語も使える。

また、ワークスペース内で重複できる。


表示名 / displayname

メンションで表示される名前で、ニックネームなどを入れるべきっぽい項目。

半角スペースも日本語も使える。

こちらはワークスペース内で重複できないと思われがちだが、実はこちらも重複できる。


ユーザ名 / username

今はもう使われていない名前?

画面上からは確認できず編集もできないので、普通に使っていたら知ることがない項目。

文字は半角英数記号のみで、アカウント登録時メールアドレスの @ より前の文字列が自動で設定されているっぽい。

管理画面からユーザ一覧 CSV をダンプしたり Slack API を叩いたりすると確認できるが、ChatBot 開発時などにユーザごとにユニークな文字列が欲しければ userid を使ったほうがよさそう。


用途ごと


メッセージに表示される名前

これは設定に応じて「氏名」「表示名」のどちらかが表示される。

ワークスペースのデフォルト設定はワークスペース管理者が設定することができる。

また、Slack アプリの「環境設定」からユーザ自身で設定を切り替えることもできる。


プロフィールに表示される名前

これは「氏名」が表示される。


メンションで表示される名前

これは「表示名」が表示される。

ただし、入力補完の際は「氏名」を入力しても補完される。