ESP8266 から Google Home に喋らせるライブラリ

再発明シリーズ第二弾。

前回のパクリ元は、node.js モジュールの google-tts-api でしたが、今回も 同じく node.js モジュールの google-home-notifier を全力でパクります。

horihiro/esp8266-google-home-notifier


できること

処理内容もオリジナルとほぼ同じで、



  1. mDNS で同じネットワークにある Google Home を探す


  2. esp8266-google-tts でテキストから mp3 の URL を作る

  3. mp3 の URL を Google Home に投げつける

これだけです。

最後の「投げつけ」が castv2 というプロトコルが必要なので、ここの実装は必要でしたが、オリジナルの google-home-notifier に同梱されている cast_channel.proto という castv2 プロトコルの定義ファイルと nanopb のおかげで、ゼロから頑張る必要がありませんでした。


作例集

# 全部自分じゃないですが。。。


注意事項

EPS32 では動作しません。依存ライブラリの関係上、コンパイルに失敗します。

バージョン 1.0.2 (2018/06/08 公開) 以降で ESP32 に対応しました。


インストール

今回も調子に乗って、ライブラリ マネージャーに登録申請しました

申請が通れば、Arduino IDE からインストール可能です。

GitHub リポジトリから zip 形式でダウンロードし、[スケッチ] - [ライブラリをインクルード] - [.ZIP形式のライブラリをインストール...] からインストーるすることもできると思います。

試してませんが。

上記の通り、esp8266-google-tts を使っているので、このライブラリもライブラリ マネージャーからインストールしてください。

----(2018/05/11 追記)----

申請が通ったので、Arduino IDE からインストール可能になりました。

検索ボックスに「esp8266-google」と入力すると出てきます。

esp8266-google-tts も併せてどうぞ。

image.png

----(追記ここまで)----

※以下の手順は、バージョン 1.0.2 (2018/06/08 公開) 以降では不要です。

また、ESP8266 のボード ライブラリのバージョン 2.4.1 以前に同梱されている mDNS では、指定の Google Home を特定するために使っている TXT レコードが取得できないので、mDNS の最新版 (ESP8266mDNS.cpp/ESP8266mDNS.h) を、このライブラリをインストール後に、src ディレクトリ 1 に保存してください。

以下のような配置になります。

$LIBRARIES_DIR

└── esp8266-google-home-notifier/
├── LICENSE
├── README.md
:
└── src/
├── ESP8266mDNS.cpp # <- これを追加
├── ESP8266mDNS.h # <- これも追加
:
├── esp8266-google-home-notifier.cpp
└── esp8266-google-home-notifier.h

この ESP8266mDNS は、ESP8266 のボード ライブラリのバージョン 2.5.0 でマージされる予定なので、2.5.0 がリリースされれば、この追加作業は不要です。


使い方

オリジナルとほぼ同じにしています。



  1. device で Google Home を探す

     ※第一引数に Google Home の名前

      

     ※第二引数に TTS 用の言語情報

      日本語をしゃべらせたい場合は ja

      省略した場合は en


  2. notify で、喋らせたいテキストを指定して実行

という感じです。

失敗した時は getLastError をすると、何かわかるかもしれません。


サンプル

# 上記の 作例集 の方が実践的で参考になります。


一言喋るだけのサンプル

#include <ESP8266WiFi.h>

#include <ESP8266WebServer.h>
#include <esp8266-google-home-notifier.h>

const char* ssid = "<REPLASE_YOUR_WIFI_SSID>";
const char* password = "<REPLASE_YOUR_WIFI_PASSWORD>";

GoogleHomeNotifier ghn;

void setup() {
// put your setup code here, to run once:
Serial.begin(115200);
Serial.println("");
Serial.print("connecting to Wi-Fi");
WiFi.mode(WIFI_STA);
WiFi.begin(ssid, password);

while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
delay(250);
Serial.print(".");
}
Serial.println("");
Serial.println("connected.");
Serial.print("IP address: ");
Serial.println(WiFi.localIP()); //Print the local IP

const char displayName[] = "ファミリー ルーム";

Serial.println("connecting to Google Home...");
if (ghn.device(displayName , "ja") != true) {
Serial.println(ghn.getLastError());
return;
}
Serial.print("found Google Home(");
Serial.print(ghn.getIPAddress());
Serial.print(":");
Serial.print(ghn.getPort());
Serial.println(")");

if (ghn.notify("Hello, World!") != true) {
Serial.println(ghn.getLastError());
return;
}
Serial.println("Done.");
}

void loop() {
// put your main code here, to run repeatedly:

}


Web フォームからテキストを指定して喋らせるサンプル

# Web フォームはおまけなので、全く力を入れていません。

#include <ESP8266WiFi.h>

#include <ESP8266WebServer.h>
#include <esp8266-google-home-notifier.h>

const char* ssid = "<REPLASE_YOUR_WIFI_SSID>";
const char* password = "<REPLASE_YOUR_WIFI_PASSWORD>";

ESP8266WebServer server(80);
GoogleHomeNotifier ghn;

void setup() {
// put your setup code here, to run once:
Serial.begin(115200);
Serial.println("");
Serial.print("connecting to Wi-Fi");
WiFi.mode(WIFI_STA);
WiFi.begin(ssid, password);

while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
delay(250);
Serial.print(".");
}
Serial.println("");
Serial.println("connected.");
Serial.print("IP address: ");
Serial.println(WiFi.localIP()); //Print the local IP

const char displayName[] = "ファミリー ルーム";

Serial.println("connecting to Google Home...");
if (ghn.device(displayName , "ja") != true) {
Serial.println(ghn.getLastError());
return;
}
Serial.print("found Google Home(");
Serial.print(ghn.getIPAddress());
Serial.print(":");
Serial.print(ghn.getPort());
Serial.println(")");

server.on("/speech", handleSpeechPath);
server.on("/", handleRootPath);
server.begin();
}

void handleSpeechPath() {
String phrase = server.arg("phrase");
if (phrase == "") {
server.send(401, "text / plain", "query 'phrase' is not found");
return;
}
if (ghn.notify(phrase.c_str()) != true) {
Serial.println(ghn.getLastError());
server.send(500, "text / plain", ghn.getLastError());
return;
}
server.send(200, "text / plain", "OK");
}

void handleRootPath() {
server.send(200, "text/html", "<html><head></head><body><input type=\"text\"><button>speech</button><script>var d = document;d.querySelector('button').addEventListener('click',function(){xhr = new XMLHttpRequest();xhr.open('GET','/speech?phrase='+encodeURIComponent(d.querySelector('input').value));xhr.send();});</script></body></html>");
}

void loop() {
// put your main code here, to run repeatedly:
server.handleClient();
}


今後

とりあえず、ESP8266 と Google Home で任意(多分)の音声出力が可能になりました。

さて、これで何ができるやら。






  1. Windows : %USERPROFILE%\Documents\Arduino\libraries\esp8266-google-home-notifier\src
    macOS : ~/Documents/Arduino/libraries/esp8266-google-home-notifier/src