0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

「『エンジニアリング組織論への招待』の現場改善事例」参加メモ

本日のパネルディスカッションのネタ

  • 通信不確実性
  • 方法不確実性
  • 目的不確実性

通信不確実性

  • 2017年11月の開発チーム状況
    • エンジニアの数=開発スピード
    • 毎日残業
    • チーム内の信頼なし
    • タコ部屋、ネットに繋がらない
    • スクラム経験者、ほぼゼロ
    • LMのシステム開発知識、ほぼゼロ
  • アジャイル開発が魔法の言葉
    • 仕様変更しまくり
  • 役割付けは行ったが、お互いのチームに何を伝えたら良いのかが決めていなかった。
  • ふりかえりの型を決めた。できてなかったことは、何をやりたいかをちゃんと言っていなかった。
  • こうやって解決して行くのだということを体験してもらう。
  • チームないのでふりかえりの思い出
    • 精神的にきついというプロブレム
      • 深掘りすると、高圧的な態度がきついということがわかった
      • ふりかえりのふりかえりをした。プロブレムへのアプローチの仕方がよかったのかを話し合ってみる。 - 何に向かってふりかえりをすべきだったのかが - 隠しちゃう。不安です。みたいな抽象的な言葉のプロブレムは、 深掘り必要

方法不確実性

  • 低空飛行するベロシティ
  • 終わらないストーリー
    • 課題の共有スピードが遅いこともあった
    • ふりかえりまで共有しない。
  • RSpecにこころ折れるメンバー
  • LMメンバーが、少しずつエンジニアと会話できるようになる。
  • 蓋を開けない問題。できるエンジニアに難しいことを任せて、終わらなかった。
    • いい雰囲気になった状態を壊さないような空気になり、お互いに干渉できない。
    • エンジニアでできるできないの差が出てきてしまった。
  • 自動テストをなぜやるのか。
    • エンジニアのモチベーション
    • 事業の継続性の観点
      • やりたい人が過半数を超えないと自動化の文化が根付かない。0から1にするのは難しい。

目的不確実性

  • エンジニア主導の開発
  • ユーザーのバリューを最優先
  • 新しいツールを積極的に試している
  • 価値を理解して現場から提案している
    • プロダクトの価値や方向性がチームで共有されている状態を作りたい
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
0
Help us understand the problem. What are the problem?