search
LoginSignup
57

More than 5 years have passed since last update.

posted at

browserify + npmでReactを使う場合はNODE_ENVを設定するとよい

Reactの内部には次のようなコードがいたるところにある。

if ("production" !== process.env.NODE_ENV) {
  console.log('debug message');
}

あらかじめビルド済みのreact.min.jsとかを使う場合はすでにproductionモードでビルドされてるので気にしなくていいけど、browserifyで自分でReactをビルドする場合はNODE_ENVを設定する必要がある。

のでproductionでは次のように環境変数を設定して実行するとよい。

$ NODE_ENV=production browserify src/app.js -o bundle.js

このようにしてビルドすると、Reactがenvifyというtransform packageを使っているため、次のように変換される。

if ("production" !== "production") {
  console.log('debug message');
}

さらにこれをuglifyにかけてminifyするとここに到達することはないdead codeということでコード自体を削ってくれる。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
57