Edited at

さくらのクラウドのアーカイブ作成をコンソールから簡単に実行する

More than 3 years have passed since last update.

「さくらのクラウド」のアーカイブ作成をコンソールから実行するためのgemを作成したので、使い方を紹介します。


概要

このgemを使用することにより、コンソールから簡単に複数のディスクのアーカイブを作成できます。

また、アーカイブ作成時に古いアーカイブの削除を同時に行うことも可能です。

cronで定期的に実行するように設定することで、面倒なバックアップ作業を自動化できます。


インストール

gem install sarchive


基本的な使い方



  1. 設定ファイルの生成

    デフォルトではカレントディレクトリにsarchive.config.ymlを生成します。

    生成先を変更する場合は--pathオプションでパスを指定してください。

    sarchive init [--path] (</path/to/config/sarchive.config.yml>)
    



  2. 設定ファイルの編集

    実行に必要となるAPIキーや、アーカイブ作成対象のディスクを指定してください。

    APIキーはコントロールパネルから作成できます。

    token:   # コンパネで作成したAPIキーのaccess-tokenを指定してください
    
    secret: # コンパネで作成したAPIキーのaccess-token-secretを指定してください
    disks:
    tk1v: # 対象のゾーン名 (tk1a: 東京第1, is1a: 石狩第1, is1b: 石狩第2, tk1v: Sandbox)
    - 999999999999 # 対象ディスクのID
    - 999999999999 # 複数指定可



  3. 実行

    デフォルトではカレントディレクトリのsarchive.config.ymlをもとに実行します。

    読み込む設定ファイルを変更する場合は、--pathオプションでパスを指定してください。

    sarchive exec [--path] (</path/to/config/sarchive.config.yml>)
    



その他の機能


アーカイブ自動削除

アーカイブ作成と同時に古いアーカイブを削除することができます。

以下のように設定ファイルを編集してください。

auto_delete:

enable: true # trueを指定し自動削除を有効にしてください
store: # 何を基準にアーカイブを削除するかの設定です。counts, hoursのどちらか一方を指定してください
# counts: 3
# hours : 72



  • counts

    数を基準に削除を行います。仮に3を指定した場合、新しい順に3個残して4つ目以降を削除します。



  • hours

    経過時間を基準に削除を行います。仮に72を指定した場合、作成から72時間より多く経過しているものを削除します。


注意事項

プロダクション環境で利用する前にSandboxでテストすることを推奨します。

本プログラムを使用して損害が発生した場合も、本プログラム作成者は一切の責任を負いません。


ライセンス

MIT


ソースコード

GitHub - hogesuke/sarchive