Help us understand the problem. What is going on with this article?

セキュリティ情報slack(openSecurityInfo)の使い方

初めに

セキュリティ情報を共有するためのSlackを作りました。

  • https://opensecurityinfo.slack.com
  • 基本的にはRSSによる情報収集Channelと、ディスカッション用のChannelです。
  • 情報ソース=channelとしており、情報入手時の流量制御はチャンネルベースで制御してください。

基本的に 使いやすいように適当につかつて と思いますが、一応ルールを書いておくことで保身しておきます。守る守らないもあなた次第。

参加方法

以下のURLから参加可能です

参加条件

基本的にはありません。治安維持のために以下を定義します。

  • 他の方が不快になるようなことはしないでさい
  • 必要に応じ、理由の提示無くkickする場合があります
  • 私が管理を放棄する可能性があります(当面はないけど)
  • private channelは作成禁止とします(その設定はしたはず)。必要な場合は管理者に相談ください。

運用につて

運用は、おおよそ以下の方針です

  • 情報ソースの追加(=チェンネル追加)は、 #discuss-運営 に投げて、同意が取れたら勝手に作る
    • 1channel = 1ソース
  • ソースのチャンネルで議論はせず、議論は #discuss-* で行う
    • ソースは見たいけど、議論は見たくない、人もいるため

運営に申請とするのは、各自勝手に作っていくと同じものが複数作られたりしそう、というだけです。

channelとソースの追加について

  • #discuss-運営 に追加したいチャンネルとソースを提示ください。
  • 賛同を得られたら、勝手に作ってもらって構いません

channel群について

channel命名規則

今のところ以下のprefixをつけています。必要に応じて増やそう。

  • general
    • デフォルトで全員参加
    • 全体に対してのアナウンスで利用。
    • 議論はここですると全員に伝わり、そんなのここでするなよとなりそうなので、したくない
  • random
    • デフォルトで全員参加
    • 雑談とか
    • discussでするほどでない、横断的な話、はこちらへ
  • discuss-運営
    • 運営方針とかチャンネル追加相談とか
    • 運営が複数人になったらここで相談するんだろうなぁ
  • discuss-*
    • ディスカッション用に用途ごとに作る
    • ソースの内容を話題にしたい場合は「メッセージを共有」で転記してから始めるとよさそう

情報ソース系

  • blog-*
    • ブログ系
  • info-*
    • セキュリティ情報系
  • lang-*
    • 開発言語とか
    • アプリケーションはapp-*としようと思ったけど数が多いので、info-ベンダ名とかにした
  • news-*
    • セキュリティニュースサイト系
  • OS-*
    • OSのエラッタ等

channel概要

そのほか

基本的に「してはならない」は書いていないはず。基本的にはこうしてほしいなぁー、という希望です。ルールがが合わずに使わないくらいだったら、ルール曲げてね、くらいで。

あと、slackだと関係ない議論を延々と見せられる/書き込み者の自己満足だけの投稿もいろいろなところで見られるため、投稿は基本的にdiscussのみ、としたいなぁ。

少しだけ

情報は基本的に infrmation -> intelligence となると考えています。
今回のslackはinformationの集約です。単なる生データ(参考情報)なので、これらを知見等と合わせることでintelligenceになると思います。
intelligenceを増やすためには、まずはinformationの取得コストを下げよう、というのが本slackのコンセプトです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした