Edited at

Node.js のWebサーバーをWindowsで作る ・環境構築


Node.jsのWebサーバーをwindows環境で作ってみた

Node.jsの知識が必要になったため、windowsでの環境構築の方法をまとめてみました。

今回はversion8系を使っていましたので以下のコードを参照しました。

最新版の11系においてもメソッドの変更等は無いようなので、

そのまま利用可能です。

https://nodejs.org/docs/latest-v8.x/api/synopsis.html


Webサーバー


server.js

const http = require('http');

const hostname = '127.0.0.1';

const port = 3000;
//空いているポート番号を適当に

const server = http.createServer((req, res) => {
res.statusCode = 200;
res.setHeader('Content-Type', 'text/plain');
res.end('Hello, World!\n');
});

server.listen(port, hostname, () => {
console.log(`Server running at http://${hostname}:${port}/`);
});



サーバーを立ち上げる

server.jsの保存をしたらファイルを実行

node server.js

以下のように表示が出力されます。

Server running at http://127.0.0.1:3000/


ブラウザで動作確認

そうしたら、ブラウザで

http://127.0.0.1:3000/

にアクセスをすると、Hello World!が表示されるはずです。