Arduino

Arduino互換ボード「Pro Micro」の情報まとめ

More than 3 years have passed since last update.

会社の同僚からArduino 互換ボードの「Pro Micro 5V/16MHz」のクローン(eBayなどでは「Leonardo Pro Micro」などと呼ばれていたりします)をもらったので、色々調べてみました。

そもそもこの「Pro Micro」はArduino公式の商品紹介ページには掲載されていません。これはArduino界隈では大きいベンダーの一つであるSparkFun Electronics社が設計・販売しているArduino互換ボードなのですが、Arduinoを名乗らずに販売しているようです。

このPro MicroはArduino Pro Miniに似たサイズのボードでありながら、マイコンにATmega32U4を採用し、USBコネクタ(mini-B)も備えています。同じくATmega32U4を搭載しているArduino LeonardoやArduino Microと比べてもサイズが小さく、それでいて互換品が安価に入手できるので、USBキーボードやUSBマウスとしてふるまうデバイスを実現するのに最適なモデルだといえるでしょう。

使い始めるときの注意点

Pro Microを初めて使うときは、下記どちらかのページの「Installing the Arduino Addon」の通り、このハードウェアの情報をArduino IDEに教えてやる必要があります。ちょっと面倒ですね。

私の環境(MacOSX)では$HOME/Documents/Arduino/hardware/を新規作成し、その下にsparkfunフォルダを配置しました。これでボードとして「SparkFun Pro Micro 5V/16MHz」が選択できるようになります。

ADコンバータまわりの注意点

  • analogReference(INTERNAL)の基準電圧は2.56V
    • Arduinoのマニュアルには載っていないが、ATmega32U4のデータシートから判断
    • データシート上は2.40Vから2.80Vの間ということになっている
    • 自分で測定した印象としては2.50Vくらい。
  • AREFピンがどこにも出ていないので、任意の基準電圧を入力することができない
    • ポータビリティ無しでいいなら2ピンのアナログ値の差を取り出すことは出来そう、データシート参照

その他の注意点

13番ピンはどこにも接続されていない(LEDが接続されていないだけでなく、そもそもピンとして存在しない)ため、サンプルスケッチの「Blink」は動きません。

Pro Microクローンを安く買う

オリジナルのPro MicroをSparkFunから買うと19ドルくらいしますが、下記のどこかでクローンを買えば送料込みで1個あたり4.5ドルから6ドルくらいで入手できそうです。

キーワードとしては「atmega32u4」「atmega32u4 pro micro」「leonardo pro micro」などが有効です。また、「2pcs」「3pcs」「5pcs」などの検索語を追加することで安いセットが見つかりやすくなります。

とはいえ、海外サイトでのお買い物になるので、必ずPayPal払いにするなどの注意が必要でしょう。詳しくは体験者のブログ記事などをググってください。