17
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

MacとUSB/TTLシリアル変換ケーブルでRaspberry Pi 2にコンソール接続する

Raspberry Piで使うために秋葉原の千石通商で次のようなケーブルを買ってきました。税込880円でした。

これは下記の製品を輸入したもののようです。eBayなどで買えばもっと安く買えそうです。

本稿はこれを使ってMacBookとRaspberry Pi 2をシリアル経由でコンソール接続したときのメモです。

購入検討

このケーブルはProlific社のPL2303HXというチップを内蔵しています。評判を調べたところFTDI社のFT232Rなどに比べるとやや性能が劣るようですが、コンソール接続する分には十分だと判断しました。また、ピンがメスなのでRaspberry Piにそのまま接続できるのは便利です。

ドライバのインストール

チップメーカーのサイトからドライバをダウンロード、インストールしてMacBookを再起動します。

minicomのインストール

screenでもシリアル接続できるみたいですが、無意味な反抗心からminicomを使うことにしました。

$ brew install minicom

接続

ケーブルのピンのうち、白(RxD)をGPIOの14番ポート、緑(TxD)を15番ポートに接続します。黒(GND)は14番の隣のGNDに接続します。赤はどこにも繋ぎません。

接続したらMacBookから次のようにタイプします。

$ minicom -b 115200 -o -D /dev/tty.usbserial

これで繋がりました。シリアル経由でログインもできますし、起動時のログも全部見えます。やったね。

minicom.png

デバイスのパスは人によって変わるのかもしれませんが、筆者の場合は上記のパスで動きました。

参考にしたサイト

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
17
Help us understand the problem. What are the problem?