MacとUSB/TTLシリアル変換ケーブルでRaspberry Pi 2にコンソール接続する

  • 15
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Raspberry Piで使うために秋葉原の千石通商で次のようなケーブルを買ってきました。税込880円でした。

これは下記の製品を輸入したもののようです。eBayなどで買えばもっと安く買えそうです。

本稿はこれを使ってMacBookとRaspberry Pi 2をシリアル経由でコンソール接続したときのメモです。

購入検討

このケーブルはProlific社のPL2303HXというチップを内蔵しています。評判を調べたところFTDI社のFT232Rなどに比べるとやや性能が劣るようですが、コンソール接続する分には十分だと判断しました。また、ピンがメスなのでRaspberry Piにそのまま接続できるのは便利です。

ドライバのインストール

チップメーカーのサイトからドライバをダウンロード、インストールしてMacBookを再起動します。

minicomのインストール

screenでもシリアル接続できるみたいですが、無意味な反抗心からminicomを使うことにしました。

$ brew install minicom

接続

ケーブルのピンのうち、白(RxD)をGPIOの14番ポート、緑(TxD)を15番ポートに接続します。黒(GND)は14番の隣のGNDに接続します。赤はどこにも繋ぎません。

接続したらMacBookから次のようにタイプします。

$ minicom -b 115200 -o -D /dev/tty.usbserial

これで繋がりました。シリアル経由でログインもできますし、起動時のログも全部見えます。やったね。

minicom.png

デバイスのパスは人によって変わるのかもしれませんが、筆者の場合は上記のパスで動きました。

参考にしたサイト