Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry PiでMackerelを使うのが楽になったよ!

mackerel-agent v0.64.1より、Raspberry Piで使える32bit ARM用Debianパッケージが自動ビルドされるようになりました。

これまでも32bit ARM用のバイナリファイルを含むtar.gzは自動ビルドされていたのですが、バイナリファイル以外の部分は自分で頑張る必要がありました。

一方、今回から作られるようになったDebianパッケージにはsystemdによる自動起動の設定も含まれるので、手持ちのRaspberry PiをシュッとMackerel管理下に置けるようになります。

Raspberry Piは画面無しで運用することが多いと思います。そんなときでも、Mackerel管理しておくとトラブルシューティングが楽になるのでオススメです。

動作例

筆者のRaspberry Pi Zeroでの動作例です。

image.png

image.png

メモリ512MB1のマシンでもちゃんと動いているのがわかります。

インストール手順

mackerel-agentのリリースページに行き、最新版の mackerel-agent_*_armhf.deb のURLをコピーします。

そしてRaspberry Piにログインして *.deb をダウンロード、インストール、設定します。

$ wget https://github.com/mackerelio/mackerel-agent/releases/download/v0.64.1/mackerel-agent_0.64.1-1.systemd_armhf.deb
$ sudo apt install ./mackerel-agent_0.64.1-1.systemd_armhf.deb
$ sudo vi /etc/mackerel-agent/mackerel-agent.conf
$ sudo systemctl start mackerel-agent

詳しくは公式マニュアル「Ubuntu / Debian にインストールする - Mackerel ヘルプ」をご覧ください。

注意点

ARM版バイナリは公式サポートではないので、トラブっても泣かない精神が必要です。トラブったらPull Requestを投げましょう。

補足

ちなみに筆者はPull Requestを送っただけの一般人です。

これを取り込んでもらったおかげで家庭内で稼働しているRaspberry Piが増えました。ありがとうございました。


  1. 512MBのメモリのうち64MBをGPUに割り当てているのでCPUから見えるメモリは448MBのはずなんですがMackerelの表示と少しズレてますね…。 

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away