Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHubへのアクセスはSSHよりHTTPSがお勧めらしいので切り替えてみた

More than 5 years have passed since last update.

はじめに

Set Up Git · GitHub HelpNext steps: Authenticating with GitHub from Gitによると、GitHubへのアクセスはSSHよりHTTPSがお勧めらしいです。

OSXのキーチェーンにgitで使用するパスワード/アクセストークンを保存する設定

Caching your GitHub password in Git · GitHub Help

私はHomebrewでgitをインストールしているのでgit-credential-osxkeychainはインストール済みでした。
ということで、設定は以下のコマンドを実行するだけです。

git config --global credential.helper osxkeychain

この設定をしておくと、GitHubからgit cloneするときにユーザ名(メールアドレス)とパスワードを聞かれて、入力するとキーチェーンに保存されます。以降はパスワードの入力は不要になります。

GitHubの2段階認証を使っている場合はアクセストークンの作成が必要

GitHubの2段階認証を使っている場合はパスワードではなくアクセストークンが必要になります。

Githubの2段階認証を有効にしてgitからの認証が弾かれる時の話 - 頼りないニモニックが参考になりました。ありがとうございます!

Two-factor Authenticationの"How does it work for command-line Git?"に説明があります。

GitHubのapplication settingsの"Personal access tokens"で"Generate new token"ボタンを押して作成します。

Token descriptionには"git @MacBook Pro"のような名前を入れました。scopeはデフォルトのまま(repo, public_repo, user, gist)にしました。

アクセストークンは使用するマシンごとに作成することにした

アクセストークンは作成直後はGitHubの設定画面で確認できますが、その後は表示できなくなります。gitのコマンドラインにパスワードを聞かれた時にコピペするのですが、別のマシンで設定するときには確認できないわけです。

ということで、マシンごとにアクセストークンを作成することにしました。そうすればマシンが盗難にあったときも対応するトークンだけ無効にすれば良いという利点もあります。

CIサービスとかからアクセスさせるときもSSH鍵ではなくアクセストークンを使うと良さそうです。まあ、鍵もCIサービスからのアクセス専用に作って登録しておけば同じという話はありますが。

何かの都合で再度アクセストークンを入力する必要があるときはトークン再生成で対応

GitHubのapplication settingsの"Personal access tokens"で"Edit"ボタンを押して編集画面に入り、"Regenerate token"ボタンで再生成します。

登録されたキーチェーンのエントリを確認

[アプリケーション]/[ユーティリティ]/[キーチェーン]で起動して、右上の検索フォームにgitと入力すると、以下のようなエントリが作成されていました。

  • 名前: github.com
  • 種類: インターネットパスワード
  • キーチェーン: ログイン

sshのパスフレーズのキーチェーンエントリと~/.ssh/configの設定を削除

sshのパスフレーズのキーチェーンエントリはもう不要なので削除します。

  • 名前: SSH: /Users/hnakamur/.ssh/id_rsa_hnakamur_github
  • 種類: アプリケーションパスワード
  • キーチェーン: ログイン

~/.ssh/configの以下の設定も消しました。

~/.ssh/config
host github.com
       User git
       Hostname github.com
       IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_hnakamur_github
sakura_internet
さくらレンタルサーバ、さくらのVPS、 さくらのクラウド、さくらの専用サーバなどのインターネットサービス・ITプラットフォームを提供しています。
https://www.sakura.ad.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした