YouTube Data API v3で特定の動画の再生回数を取得する

  • 24
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Videos: list - YouTube — Google Developers

https://www.googleapis.com/youtube/v3/videos?part=statistics&id=EJNPYff3lxU&fields=items%2Fstatistics&key={YOUR_API_KEY_HERE}
{
 "items": [
  {
   "statistics": {
    "viewCount": "48",
    "likeCount": "0",
    "dislikeCount": "0",
    "favoriteCount": "0",
    "commentCount": "0"
   }
  }
 ]
}

idにはカンマ区切りで複数のIDも指定可能(最大50個)

https://www.googleapis.com/youtube/v3/videos?part=statistics&id=EJNPYff3lxU%2CuYPYlfuuY_E&fields=items(id%2Cstatistics)&key={YOUR_API_KEY}
{
 "items": [
  {
   "id": "EJNPYff3lxU",
   "statistics": {
    "viewCount": "48",
    "likeCount": "0",
    "dislikeCount": "0",
    "favoriteCount": "0",
    "commentCount": "0"
   }
  },
  {
   "id": "uYPYlfuuY_E",
   "statistics": {
    "viewCount": "11",
    "likeCount": "0",
    "dislikeCount": "0",
    "favoriteCount": "0",
    "commentCount": "0"
   }
  }
 ]
}

API Keyは Google APIs console で作成します。

ここでは、サーバからYouTube APIにリクエストを送る構成とします。以下の手順でkeyを作成します。

  • プロジェクトを作ります。
  • [Services]を選んで[YouTube Data API v3]をONにします。
  • [API Access]を選んで[Create new Server key...]でkeyを作成します。この時、アクセス元のIPアドレスを指定するようにします。

なお、[Create new Browser...]でkeyを生成すれば、ブラウザからJavaScriptでYouTube APIにアクセスすることも可能です。

が、アクセス制限はRefererでしかできないので、簡単に偽装されてしまいます。とはいえ、無料枠内で使うのであれば、誰でもAPI Keyは作れるので偽装される心配はあまりしなくて良い気もします。