Mac
CentOS
Apache
FuelPHP
Vagrant

Mac 上で Vagrant を使って CentOS に FuelPHP をセットアップ

More than 3 years have passed since last update.

最近、FuelPHPを導入する機会をいただきました。環境構築は大変重要ですので、備忘録的に整理しておきます。記載して自分で試してみましたが、おおよそ15分程度でできました。是非お試しください。


構築する環境


  • OSX 10.9.5

  • Vagrant

  • CentOS 6.5

  • FuelPHP 1.7.2


参考: Vagrant

Vagrant体験入門ハンズオン手順 - 2014/04/24 DevLove関西


  • Vagrant ではいつも助けていただいております。本当にありがとうございます。


参考: FuelPHP

はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP


  • FuelPHP 関連の良書です。迷ったらこちらを買うことをおすすめします。FuelPHPの基本だけでなく、各種PHP開発環境構築手法、各環境でのFuelPHPインストール設定から順序立ててわかりやすく解説されています。


事前準備1: Vagrant


  • 上記の参考より、VirtualBox と Vagrant をインストールしておいてください。


事前準備2: CentOS6.5, Apache on Vagrant

Mac 上で Vagrant を使って CentOS + Apache をセットアップ


  • CentOS6.5とApacheまでの設定はこちらを参考にお願いします。


FuelPHP をインストール

最初に、Vagrant へログインします。

$ vagrant ssh

curl が無ければインストールします。

[vagrant]sudo yum install curl

次に FuelPHP の oil コマンドをインストールします。

[vagrant]curl get.fuelphp.com/oil | sh

FuelPHP のインストールです。インストールしたいディレクトリに移動してください。

自分は、syncしているディレクトリ配下にインストールしたいため、「/vagrant」にて実行します。

[vagrant]cd /vagrant

[vagrant]mkdir work
[vagrant]cd work
[vagrant]oil create fuelphp

上記コマンドにより、GitHub から FuelPHP の最新正式リリース版がダウンロードされました。(2014年11月21日現在ですと、FuelPHP 1.7.2 となります。)

次に、Composer で依存ライブラリをダウンロードします。少し時間かかりますが待ちます。



[vagrant]cd /vagrant/work/fuelphp

[vagrant]php composer.phar update


タイムゾーンの変更(重要)

このままですとうまく起動しません。/etc/php.ini ファイル内のタイムゾーンを設定します。

[vagrant]sudo vi /etc/php.ini

date.timezone = "Asia/Tokyo"


DocumentRoot を変更し Welcome ページ表示

httpd.conf の DocumentRoot を変更し Welcome ページを表示させます

[vagrant]sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

まずは下記をコメントアウトします。

NameVirtualHost *:80

次に VirtualHost の最下部に追記設定をします。

<VirtualHost *:80>

DocumentRoot /vagrant/work/fuelphp/public
ErrorLog logs/fuelphp_error.log
CustomLog logs/fuelphp_access.log combined
<Directory /vagrant/work/fuelphp/public>
DirectoryIndex index.php
AllOcerride All
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>
</VirtualHost>

ここまで準備できたら、Apache を再起動してアクセスしてみます。

[vagrant]sudo service httpd restart

ブラウザで http://192.168.33.10にアクセスし、Welcom ページが表示されれば成功です。(アクセス先は、Vagrant での設定環境に依存します。)

スクリーンショット 2014-11-21 10.43.49.png