Help us understand the problem. What is going on with this article?

[http]技術標準化推進団体の構造

はじめに

  • http仕様を定めているHTTP Working Groupについて関連組織の構造について調べてみたので、そのまとめ
  • 一言で言うと、IETF(インターネット技術の標準化を進めている任意団体)の下部組織
  • IETFもIESGと言う組織に管理されていたりしたので、関係性を下記に示す(IETFの下にIESGが属してるのは違和感。。。)

image.png

ISOC (Internet Society)

  • 社会的位置付け: インターネットガバナンスの頂点に立つ学術機関であり、非営利の国際組織
  • 役割: インターネット技術およびシステムに関する標準化、教育、 ポリシーに関する課題や問題を解決あるいは議論すること
  • 組織構成: 現在、150以上の組織会員、 170カ国以上から合計で8,600名の個人会員がISOCのメンバーとして登録している
  • 活動内容の定義: RFC1602

IAB (Internet Architecture Board)

  • 位置付け: ISOCの技術理事会(Technical Advisory Group)であり技術者の集団
  • 役割:
    • インターネットの技術コミュニティ全体の方向性やインターネット全体のアーキテクチャについての議論を行うこと
    • IETFチェアとIESGメンバーおよびIRSGチェアおよびIRSGメンバーを任命する
    • RFC、BCP、 IANAによる番号割り当てに関する最終的な責任を負う
    • ITU-T、W3C、 ISOなど外部組織とのリエゾンについての最終的な責任を負う
    • インターネット技術およびアーキテクチャに関して、 ISOCへの技術アドバイザリーとしても機能する。
  • 組織構成: 13名で構成され、 各メンバーの任期は2年(再任可能)IABメンバーは全て、ISOCにより承認される必要がある
  • 活動内容の定義: RFC1601

IETF

  • 位置付け: インターネット技術の標準化を推進する任意団体。参加者は個人の資格で参加することになっている
  • 役割: インターネット技術の標準化を推進するため、技術分野ごとにワーキンググループ(WG)を構成し活動している
  • 組織構成:
    • 2020年現在、下記の7つの技術領域が存在している(IETF Areas
    • 各WGは下記のいずれかの技術領域に属する
名称 略称 説明
Applications and Real-Time Area art アプリケーションプロトコルとアーキテクチャを開発を実施
General Area gen IETF標準の開発プロセスのサポート、更新、および保守に焦点を当てた活動を実施
Internet Area int インターネット技術エリア
Operations & Management Area ops 運用管理技術エリア
Routing Area rtg 経路制御技術エリア
Security Area sec セキュリティ技術エリア
Transport Area tsv 転送プロトコル技術エリア

IESG(Internet Engineering Stearing Group)

  • 役割:
    • IETGにおいて議論されるインターネット技術に関する標準化に関する責任を負い、 IETFでの議論の方向性などをガイドする役目を持つ
    • IETFが作成するRFCの取り扱い方法に関する決定を下す
  • 組織構成: IETFにある、八つの技術エリアごとに、エリアディレクタ(AD)が任命される
    • ADは、 担当する技術エリアのWGを統括し、ドキュメントのレビュー、方向性のガイドを行う
    • なお、Genaral Areaのエリアディレクタは、 IETF議長が務めることになっている

やっと本題、IETF HTTP Working Groupとは

hmiyakoshi0803
元インフラエンジニア、現在はシステムコンサルタント 最近はOpenShift、K8S、MuleSoft関連のお仕事をしています ※ このアカウントでの投稿は所属企業・団体に関係なく、個人の見解に基づくものです。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away