Aurora R5 が出たのでいつもの mysqlslap で性能テストをしてみた

タイトルの通りです。

恒例(?)のmysqlslapをやってみました。

※前回(R4)の結果はこちらです。


mysqlslapの内容(前回までと同じです)


mysqlslap

$ mysqlslap --auto-generate-sql --auto-generate-sql-guid-primary --engine=innodb --number-int-cols=20 --number-char-cols=20 --concurrency=150 --auto-generate-sql-write-number=2000 --auto-generate-sql-execute-number=2000 --auto-generate-sql-load-type=mixed -u 【ユーザ名】 -h 【クラスタエンドポイント】 -p



結果

いずれも暗号化あり、です。

なお、今回のテストで、バイナリログの有無が性能に(ほぼ)影響を与えなくなっていることを確認しましたので、結果はバイナリログなしのものを掲示します。

また、MySQL 5.7 互換版については、テストを行った時点で最新のバージョン 2.03.4 では R5 インスタンスの選択ができませんでしたので、1 つ前のバージョン 2.03.3 で試しています。

バージョン
R4 / R5
large
xlarge
2xlarge

5.6(1.19.0)
R4
55.466
40.199
28.859

5.6(1.19.0)
R5
42.397
26.761
24.254

5.7(2.03.3)
R5
41.895
27.040
22.964

単位は秒です。

全体的に伸びています。特に xlarge の伸びが大きいようです。2xlarge ではそれほどでもありませんが、これは必ずしも「大きなインスタンスほど性能の伸び率が小さい」ということではなく、負荷の掛け方の問題(=インスタンスのサイズに対して十分な負荷を掛けていない)の可能性があります(すみません、前回までと合わせているもので…)。

5.6 互換版と 5.7 互換版の差は誤差の範囲のようです。

※前回の結果と比較すると、R4 の性能が若干落ちています。前回の結果をベースにして R5 と比較すると、large・xlarge は伸び率がさほど変わらず、2xlarge は R4・R5 の結果がほぼ同じ、となります(必ずしも性能向上していないことを示すものではない、というのは前述の通りです)。


おわりに

EC2 と違って R4 と同額ですが、性能は向上していますので、乗り換えメリットはありそうです。

なお、このタイミングで R5 インスタンスとともに T3 インスタンスにも対応したようです(ちなみに CPU クレジットについて無制限モードも利用できる模様)。