Help us understand the problem. What is going on with this article?

Amazon Aurora(MySQL互換) Auto Scalingで追加されたレプリカ(Reader)インスタンスのバッファキャッシュのウォームアップはどうなる?

More than 3 years have passed since last update.

…と来れば、やっぱりAuto Scalingで追加されたレプリカ(Reader)インスタンスのバッファキャッシュ(バッファプール・バッファプールキャッシュ)が起動時にウォームアップされるのか、についても知りたいところ(?)。

というわけで、いい加減しつこいですが、検証…というには雑な、確認をしてみました。

1. Amazon Aurora(MySQL互換) Auto Scalingの設定

いつもの通り、すでにクラスメソッドさんのDevelopers.IOに記事があります。

ありがたやありがたや。

というわけで、私の記事では部分的にスクリーンショットを載せておきます。

※以前、以下の記事を書くときに使ったスナップショットからインスタンスを復元して使いました。

クラスター画面から、Auto Scaling ポリシーを追加しようとすると、
aws_as1.png

新コンソールへのお誘いがあり、
aws_as2.png

先へ進むと見慣れない画面が。
aws_as3.png

Auto Scalingを設定するには、新コンソールでもクラスター画面から。
簡単にスケールするよう、「平均アクティブ接続数」を選択して「3」アクティブ接続を指定します。
aws_as4.png

とりあえずAuto Scalingで作成されたレプリカで確認できればいいので、上限は少な目で。
aws_as5.png

書き忘れましたが、Auto Scaling ポリシーを新規追加する前に、最低1つのレプリカ(Reader)インスタンスを作成しておきます(そうしないと怒られます)。

これで、Auto Scalingの準備ができました。

2. Auto Scalingでレプリカが自動追加されるよう負荷を掛ける

引き続き、クライアントから複数セッションで接続します(とりあえず4つぐらい)。

まずは接続。

クライアント接続
$ mysql -u mkadmin -h test-cluster.cluster-ro-xxxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 6
Server version: 5.6.10 MySQL Community Server (GPL)

Copyright (c) 2000, 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

(ここで3つ追加接続)

mysql> SHOW PROCESSLIST;
+----+----------+--------------------+------+---------+------+----------------------+------------------+
| Id | User     | Host               | db   | Command | Time | State                | Info             |
+----+----------+--------------------+------+---------+------+----------------------+------------------+
|  2 | rdsadmin | localhost          | NULL | Sleep   |    2 | delayed send ok done | NULL             |
|  3 | rdsadmin | localhost          | NULL | Sleep   |    2 | cleaned up           | NULL             |
|  4 | rdsadmin | localhost          | NULL | Sleep   |   13 | cleaned up           | NULL             |
|  5 | rdsadmin | localhost          | NULL | Sleep   |  568 | delayed send ok done | NULL             |
|  6 | mkadmin  | 172.31.21.22:43318 | NULL | Query   |    0 | init                 | SHOW PROCESSLIST |
|  7 | mkadmin  | 172.31.21.22:43320 | NULL | Sleep   |   99 | cleaned up           | NULL             |
|  8 | mkadmin  | 172.31.21.22:43322 | NULL | Sleep   |   79 | cleaned up           | NULL             |
|  9 | mkadmin  | 172.31.21.22:43324 | NULL | Sleep   |    9 | cleaned up           | NULL             |
+----+----------+--------------------+------+---------+------+----------------------+------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

各セッションで、SQLを実行していきます。

SQL(SELECT)実行
mysql> USE akptest2;
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Database changed
mysql> SELECT s.member_id memb, SUM(s.total_value) tval FROM dept d, member m, sales s WHERE d.dept_id = m.dept_id AND m.member_id = s.member_id AND d.dept_name = '部門015' GROUP BY memb HAVING tval > (SELECT SUM(s2.total_value) * 0.0007 FROM dept d2, member m2, sales s2 WHERE d2.dept_id = m2.dept_id AND m2.member_id = s2.member_id AND d2.dept_name = '部門015') ORDER BY tval DESC;
+-------+---------+
| memb  | tval    |
+-------+---------+
| 28942 | 1530300 |
| 47554 | 1485800 |
(中略)
| 29294 | 1176700 |
| 70092 | 1176300 |
+-------+---------+
41 rows in set (24.33 sec)

(別セッションで)

mysql> SELECT s.member_id memb, SUM(s.total_value) tval FROM dept d, member m, sales s WHERE d.dept_id = m.dept_id AND m.member_id = s.member_id AND d.dept_name = '部門015' GROUP BY memb HAVING tval > (SELECT SUM(s2.total_value) * 0.0007 FROM dept d2, member m2, sales s2 WHERE d2.dept_id = m2.dept_id AND m2.member_id = s2.member_id AND d2.dept_name = '部門002') ORDER BY tval DESC;
(中略)
60 rows in set (0.19 sec)

すると、めでたく(?)レプリカインスタンスが自動的に追加されました!(手動で作成するのと同様、ちょっと時間が掛かりましたが。)
aws_as6.png

※1個目のレプリカインスタンスはAZ-cに作成しましたが、こちらはAZ-aに追加されました。

3. いよいよ確認

そこで、このインスタンスに直接指定で接続してみます。

自動追加されたレプリカインスタンスに接続
$ mysql -u mkadmin -h application-autoscaling-d43255f2-e133-4c84-85a1-45478224fdd2.xxxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 7
Server version: 5.6.10 MySQL Community Server (GPL)

Copyright (c) 2000, 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> USE akptest2;
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Database changed
mysql> show variables like 'aurora_server_id';
+------------------+--------------------------------------------------------------+
| Variable_name    | Value                                                        |
+------------------+--------------------------------------------------------------+
| aurora_server_id | application-autoscaling-d43255f2-e133-4c84-85a1-45478224fdd2 |
+------------------+--------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.01 sec)

さあ、いよいよ、バッファキャッシュがどうなっているか、確認です!
最初に発行したものと同じSQLを発行してみます。
バッファキャッシュに載っていれば、1秒未満で実行できるはずですが…。

追加インスタンスで確認
mysql> SELECT s.member_id memb, SUM(s.total_value) tval FROM dept d, member m, sales s WHERE d.dept_id = m.dept_id AND m.member_id = s.member_id AND d.dept_name = '部門015' GROUP BY memb HAVING tval > (SELECT SUM(s2.total_value) * 0.0007 FROM dept d2, member m2, sales s2 WHERE d2.dept_id = m2.dept_id AND m2.member_id = s2.member_id AND d2.dept_name = '部門015') ORDER BY tval DESC;
+-------+---------+
| memb  | tval    |
+-------+---------+
| 28942 | 1530300 |
| 47554 | 1485800 |
(中略)
| 29294 | 1176700 |
| 70092 | 1176300 |
+-------+---------+
41 rows in set (24.71 sec)

残念!!
…まあ、予想通りですね。

接続を切ってしばらく待つと、自動追加されたインスタンスは削除されます。
aws_as7.png

※私が試したときには、設定した時間よりはるかに長い時間が経過してから削除が始まりました。安全を見ているのでしょうか?

さて、プロキシが間に入り、コンテナ(多分)でDBノードが構成されるAmazon Aurora Serverlessでは、どうなるんでしょうか?

12/15追記:

確認したところ、DBノードは「起動状態の通常インスタンスを、必要に応じてストレージノードにくっつけたり引き剥がしたりする」方式だそうですので、思っていたのと構造が違いました。

都度、DBインスタンスとストレージノードの対応関係が変わるので、バッファキャッシュのウォームアップも行わないみたいです。


hmatsu47
名古屋で士業向けWebサービスのインフラ構築管理、たまにアプリケーション開発をやっています。 業務利用しているもの、個人研究など、気長にのんびり投稿していきます。ニッチ狙いが多めです。 IPA RISS(001158)・NW・DB/日商・大商2級コレクター?(簿記・ビジネス法務・ビジネス会計)。
https://hmatsu47.hatenablog.com/
infra-workshop
インフラ技術を勉強したい人たちのためのオンライン勉強会です
https://wp.infra-workshop.tech/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away