Help us understand the problem. What is going on with this article?

TKG Service(vSphere with kubernetes)を触ってみた

TKG Service (vSphere with k8s)はvSphere ESXi上にVMとPodが同居するという今までにないソリューションでした。

image.png
出典:https://blogs.vmware.com/vsphere/2020/04/vsphere-7-kubernetes-namespaces.html

触ってみた

TKG ServiceをESXiで試したい方はこちらを参照してください。

環境ができあがると、vCenterから[Workload Management] > [NEW NAMESPACE]からNamespaceを作れすようになります。

image.png
image.png

できあがると、まず[Permisson]を与えるよう促されます。
image.png

この画面で、vCenter上のどのユーザーにパーミッションに与えるかを聞かれます。
Can viewかCan Editで選択します。
image.png

ここではCan Viewを選択します。
そして、ここからはkubectlコマンドを使います。

以下のコマンドでvCenterのkubernetesにログインします。

kubectl vsphere login --server=<k8s> --insecure-skip-tls-verify

すると、以下のようにNamespaceが選択できます。

% kubectl vsphere login --server=<k8s> --insecure-skip-tls-verify

Username: administrator@vsphere.local
Password:
Logged in successfully.

You have access to the following contexts:
   k8s
   hoge

If the context you wish to use is not in this list, you may need to try
logging in again later, or contact your cluster administrator.

To change context, use `kubectl config use-context <workload name>`

つくったネームスペースにログインします。

% kubectl config use-context hoge
Switched to context "hoge".

そうするとコンテナーをはしらせることができます。

% kubectl run --image=alpine test sleep 3600
kubectl run --generator=deployment/apps.v1 is DEPRECATED and will be removed in a future version. Use kubectl run --generator=run-pod/v1 or kubectl create instead.
deployment.apps/test created

すると、当たり前のようにコンテナーが起動します。

% kubectl get po
NAME                    READY   STATUS    RESTARTS   AGE
test-848b8fb677-ssvp5   1/1     Running   0          85s

すごいのが、vCenterからもみえるようになります。

image.png

そして、これはVMではなく、Hypervisor上に直接Podが起動します。
すごい、新しい時代を感じる。

まとめ

この記事をベースより細かい検証を別記事で取り上げます。

hmachi
VMware Tanzuで頑張り始めました。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away