Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacでUbuntu18.04LTSのブートUSBを作成する

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Ubuntu公式サイトのチュートリアル(英語) Create a bootable USB stick on macOS を参考に、下記の手順で行います。

  1. USBメモリをフォーマット(初期化)する
  2. Ubuntu ISOファイルをダウンロードする
  3. Etcherを使ってブートUSBを作成する

※作成したブートUSBを元のUSBメモリに戻す方法も最後に記載します

環境

MacOS High Sierra 10.13.4
USBメモリ 4GB

USBメモリをフォーマット(初期化)する

2GB以上のUSBメモリを用意し、フォーマットを行います。
詳しくはMacでUSBメモリをフォーマットする方法を参考にしてください。

  1. USBをMacに差し込む
  2. 「ディスクユーティリティ」を起動する
  3. フォーマットに「MS-DOS(FAT)」を選択して「削除」をクリックする

Ubuntu ISOファイルをダウンロードする

公式サイトからお好きなバージョンを指定してダウンロードします。
今回はUbuntu Desktop 18.04 LTSを選択しました。
ダウンロードに数分かかりますが、完了するとダウンロードフォルダ~/Downloads/に「ubuntu-18.04-desktop-amd64.iso」というファイルが保存されます。

Etcherを使ってブートUSBを作成する

EtcherはオープンソースのブートUSB作成ツールです。
詳しくは簡単な3ステップで使えるブートUSB作成ツール「Etcher」を参考にしてください。

  1. Etcherをインストールする
  2. Etcherを起動する
  3. 「Select image」で先ほどダウンロードした「ubuntu-18.04-desktop-amd64.iso」を選択する
  4. 「Flash!」をクリックする

5~10分程度で完了すると思います。
これでブートUSBの完成です。

ブートUSBを元のUSBメモリに戻す方法

ブートUSBから元のUSBメモリに戻す場合は「ディスクユーティリティ」ではできない場合があります。
その場合はMacに標準で入っている「diskutil」コマンドを用います。
とは言っても簡単で「ターミナル」を起動して下記のようにいくつかコマンドを入力するだけ。

まず、ブートUSBを差し込む前に「ターミナル」から次のコマンドを入力します。

diskutil list

1.png

次に、ブートUSBを差し込んで再度同じコマンドを入力します。
そうすると次の画像のように「disk」が増えていることがわかります。
2.png

ここでは/dev/disk2ですが、ご自身の出力結果に当てはめて下記のコマンドを入力します。

diskutil unMountDisk /dev/disk2

このように出力されればOKです。

Unmount of all volumes on disk2 was successful

最後に下記のコマンドを入力します。
「*****」の部分にはUSBに付けるためのお好きな名前を入力してください。

(2018/12/26追記)
ここではmacOS用の HFS+ というファイルシステムを指定していますが、Windowsなどでも使用する場合は FAT32 に変更して実行してください。ファイルシステムに関しては他にもいくつか種類があるので、本記事コメント欄や「ファイルシステムについて」を参考にしてください。

diskutil eraseDisk HFS+ ***** /dev/disk2

このように出力されれば完了です。
これで元のUSBメモリに戻すことができました。

Finished erase on disk2

参考: MacでHDDをフォーマットする手順とエラー時の対処方法

最後に

今回はMacでUbuntu18.04LTSのブートUSBを作成しました。
これを使って自作したGPUを動かすOSをインストールしたいと思っていますが、その件についてはまた次回にでも書きたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

hktmtsk
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away