Edited at

SpriteKit入門 -1-

More than 5 years have passed since last update.

Xcode5で追加されたSpriteKitが面白そうなので触ってみます。

英語は苦手ですが、下記のドキュメントを一通り読んでみるのが目標です。

Sprite Kit Programming Guide

まずは、「Single View Application」でプロジェクトを作成します。

新規Project作成

このあたりの設定はお好きなようにしてください。

ちなみに私はiPhoneは持っていません。

iPadで確認していきます。

Projectオプション

SpriteKitフレームワークを追加します。

SpriteKitフレームワーク追加

ViewControllerの設定でSKViewクラスを選択します。

SKView設定

SpriteKit.hをインポートします。


SpriteViewController.h

#import <UIKit/UIKit.h>

#import <SpriteKit/SpriteKit.h>

@interface SpriteViewController : UIViewController

@end


FPSなどの情報を画面に表示するように設定します。


SpriteViewController.m

- (void)viewDidLoad

{
[super viewDidLoad];
// Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
SKView *spriteView = (SKView *)self.view;
spriteView.showsDrawCount = YES;
spriteView.showsNodeCount = YES;
spriteView.showsFPS = YES;
}

新しいクラスを追加します。

新規クラス作成

SKSceneクラスを継承してHelloSceneクラスを作成します。

クラス名設定

Class
HelloScene

Subclass of
SKScene

HelloScene.hをインポートします。


SpriteViewController.m

#import "HelloScene.h"


SKViewにHelloSceneを表示します。


SpriteViewController.m

- (void)viewDidAppear:(BOOL)animated

{
HelloScene *hello = [[HelloScene alloc] initWithSize:CGSizeMake(768, 1024)];
SKView *spriteView = (SKView *)self.view;
[spriteView presentScene:hello];
}

画面は真っ黒ですけど、下端にFPSとか表示されていればとりあえずOKです。

Run

今回はここまで。