Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

オーディオNAS RockDiskNextのOpenSSH/OpenSSLをアップデートする

More than 3 years have passed since last update.

まずRockDiskNextって?

IOデータのオーディオ向けのNAS
http://www.ioplaza.jp/shop/contents/rdnext.aspx
中身はFedora12 ARMベースで、ちょっといじって有効化するとSSH接続もできる。

サポート状況について

http://www.ioplaza.jp/shop/contents/rdnext.aspx#farm
「SSLv3の脆弱性についての対策ファームウェアを公開しました。」ということで、OpenSSLがfc12の1.0.0から独自ビルドだと思われる1.0.2aにアップデートされた。
しかし非サポートであるOpenSSHに関してはアップデートが放置され、バージョンのミスマッチにより、SSHが使えなくなってしまっている。
ARMのクロス環境を作ってOpenSSHをアップデートしたい…と思ったが、環境作成で早々に挫折。

対応方法

RedHat由来のRedSleeveというARMのディストリビューションがあるじゃないですか。こいつのRPMパッケージを使ってみる。

必要パッケージ入手先

RedSleeve ftpサイト
http://ftp.redsleeve.org/pub/
Fedra 12 armのアーカイブ
http://ftp.linux.org.uk/pub/linux/arm/fedora/pub/fedora/linux/releases/12/Everything/arm/os/Packages/

手順

RockDiskNextにtelnetでrootログインし、各種パッケージ入手。
makeが必要なのは何故かopensslがmakeに依存しているから。

# curl -O http://ftp.linux.org.uk/pub/linux/arm/fedora/pub/fedora/linux/releases/12/Everything/arm/os/Packages/make-3.81-18.fc12.armv5tel.rpm
# curl -O http://ftp.redsleeve.org/pub/el6/6.7/base/RPMS/openssl-1.0.1e-42.el6.2.armv5tel.rpm
# curl -O http://ftp.redsleeve.org/pub/el6/6.7/base/RPMS/openssh-5.3p1-112.el6.armv5tel.rpm
# curl -O http://ftp.redsleeve.org/pub/el6/6.7/base/RPMS/openssh-clients-5.3p1-112.el6.armv5tel.rpm
# curl -O http://ftp.redsleeve.org/pub/el6/6.7/base/RPMS/openssh-server-5.3p1-112.el6.armv5tel.rpm

入手したパッケージをインストール

# rpm -ivh make-3.81-18.fc12.armv5tel.rpm
# rpm -Uvh openssl-1.0.1e-42.el6.2.armv5tel.rpm 
# rpm -Uvh openssh-5.3p1-112.el6.armv5tel.rpm openssh-server-5.3p1-112.el6.armv5tel.rpm openssh-clients-5.3p1-112.el6.armv5tel.rpm

念のためsshdの有効化と再起動

# chkconfig sshd on
# service sshd restart

とりあえずこれで動作しているようです。
そもそもRockDiskNext自身が不安定だけど…

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away