CentOS
VirtualBox

VirtualBox に CentOS をインストール

More than 3 years have passed since last update.

VirtualBox を使ってCentOS入れる手順メモ


CentOS

CentOS Project にて ISO イメージをダウンロード. 毎回netinstall版をダウンロードするので今回も http://isoredirect.centos.org/centos/6/isos/x86_64/ この辺から適当に CentOS-6.5-x86_64-netinstall.iso をダウンロード. ( CentOS6 64bit版 )


VirtualBox

VirtualBox からインストールします。新規作成で


  • Linux

  • RedHat (64bit)

  • メモリサイズ : 1024MB

  • HDD : 新規作成 (VDIタイプ/可変サイズ/8GB)

選んで、次に「設定」から「ストレージ」にて仮想CD-ROMドライブを選択してCentOSサイトからダウンロードしたISOファイルを選択(CD-ROMのアイコンをクリックするのが分かりにくい...)。いよいよインストール。以下の手順にて行う。


  1. Virtual BoxのUIで起動をクリック

  2. (GUIインストールはキライなので)いきなり出る選択肢でどれも選ばず escキーを押す

  3. boot:というプロンプトが出るので linux textと打ち込んでリターン

  4. メディアチェックは面倒なので「Skip」

  5. インストール言語を「English」選択

  6. キーボードを「jp106」選択

  7. インストールメディアは「URL」

  8. IPv6のsupportはとりあえず外しとく。

  9. CentOSのインストールイメージサーバの指定は以下のようにする。
    http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.5/os/x86_64/ (好きなミラーでOK)

  10. うまく疎通すれば(疎通しない場合はProxyとかネット環境を見直す) install.img がダウンロードされる

  11. パーティション設定(GUIキライなので)「Use text mode」

  12. Welcome to CentOS ! 「ハイ」

  13. HDDは「Re-initialize all」を選択

  14. TimeZone は「Asia/Tokyo」

  15. root パスワードを設定

  16. インストール先パーティション選択はそのまま「OK」

  17. 脅しが入るけど構わず「Write changes to disk」

  18. インストールが始まる (Packages completed: 217 of 217)

  19. 終わったら「Reboot」ボタン。

  20. CD-ROMブートしてるとまたインストーラが立ち上がってしまうから一度VirtualBoxの設定でCD-ROM外して起動。

  21. loginプロンプトがでたらとりあえずインストール成功


インストール後の超初期設定


  • ユーザ作成

# useradd [アカウント名]

# passwd [アカウント名]


  • sudoers設定

# vi /etc/sudoers

以下の一行を追加
[アカウント名] ALL=(ALL) ALL


  • 動作確認

$ # アカウント名でログイン後

$ sudo bash
# #rootになれればOK


  • selinuxはdisableにしとく

$ sudo vi /etc/selinux/config

SELINUX=disabled


  • iptablesもとりあえず全開放

$ sudo iptables -L  # デフォルトを一応確認

$ sudo iptables -F # 設定消去
$ sudo iptables -L # 設定消えていること確認
$ sudo /sbin/service iptables save #設定を保存


  • ここまでやってとりあえず再起動

$ sudo reboot


  • ホストOS(macのターミナル)からssh接続

Vmware とか parallels ならあまり考えずにそのまま ssh [アカウント名]@[IPアドレス] で接続できるんだけどVirtualBoxの場合はちょっと手間がかかる。一度CentOSをシャットダウンする。


  1. VirtualBoxのグローバルなメニューの「環境設定」を選択し「ネットワーク」にて「ホストオンリーネットワーク」にアダプタを追加する。vboxnet0ってのが追加されるはず。

  2. VirtualBoxのゲスト(CentOS)の「設定」にて「ネットワーク」を選択して「アダプター2」ってやつを有効化する。その際の設定は

  3. ホストオンリーアダプター
    ってのを選択する。

  4. CentOSを起動する

  5. eth1を追加する

# cd /etc/sysconfig/network-scripts/

# vi ipcfg-eth1

DEVICE=eth1
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.56.2
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.56.0

# /sbin/service network restart


  • 以上で Mac(ホストOS)から ssh で接続できるようになる。

$ ssh [アカウント名]@192.168.56.2


  • 最後に

sudo yum update

でもしときましょう。


  • 番外

eth1を追加するところってなんかイマイチな感じがする。ゲストOS入れる前に vboxnet0 (ホストオンリーアダプター)を定義してゲストOSインストール前の新規構成を作った段階で「アダプタ2」を追加すればいいんじゃね。と思ってやってみた。


  1. ipcfg-eth1 がOSインストール時からできていた

  2. ただし ONBOOT=no だった

  3. ONBOOT=yesにして再起動してみた. eth1 が 192.168.56.101 でdhcp割り当てられてすんなりホストOSからSSHできた。