Posted at

Github project を使ったタスク管理のすヽめ


はじめに

Github projectって知ってますか?

自分でカラムやカードを追加できるダッシュボードです。

本記事では、このGithub Projectを利用したタスク管理の方法を共有していきたいと思います。


どんな感じ?

こんな感じにできます


こんな人におすすめ


  • 個人開発や小規模開発してる人

  • Redmine のようなチケット管理システムを利用していないけどタスク管理したい

  • タスク管理ツールを使いすぎて疲弊してる人


使い方

Githubにアカウントを作成している人が対象となります。

自分のプロフィール画面を開きます。

projectsのリンクをクリックします。

Github プロフィール

New projectを選択します。

New Project

以下のような画像が表示されます。

Project board nameを入力し、Visibilityを選択しましょう。

Visibilityは公開したくなければ private で良いかと思います。

他はデフォルト値のままで構いません。

お好みで変更しましょう。

Create project

作成したプロジェクトを開くと以下の画面が現れます。

本画面では大きく2つの操作が可能です。


  1. カラムを作る

  2. カラム内にカードを作成する(本記事ではこれをタスクと定義しています)

Project

まず、タスクを種別するためのカラムを作成しましょう。

続けて、カラム内にタスクを割り振ったカードを作成すれば完成です。

Task Management

お好みでマークダウンが提供しているチェックボックス機能を利用するとより達成度が可視化されます。

# こんな感じに書くとチェックボックスになります。

- [ ] task 1
- [ ] task 2
- [ ] task 3


最後に

なんとこの project、アカウントに対してだけではなく、レポジトリ毎にも設定できます。

レポジトリ毎にタスク管理したいときはレポジトリを作成してから、レポジトリ内で project を作成してください。

また、冒頭のサンプル画面では、海外ドラマのシリコンバレーで登場した、todo, doing, doneを例として作成しています。

このドラマ、ユーモアが聞いていてとても面白いのでオススメです。


参考