Help us understand the problem. What is going on with this article?

XAMPP使ってローカルにWordPressをインストール。

More than 3 years have passed since last update.

やり方とかインストールの仕組みを何回も調べれば「あ~なるほど」くらいにはなるんだけど、それまでが長い。
インストール時にDBに繋げなかったりユーザー名かパスが違うと言われてすごい悩んだけど、冷静になったらただの確認不足でした。

インストールしてみる

大まかな順序として、
1.xamppを起動して、ApacheとMySQLを立ち上げる。
phpMyAdminにアクセスして、データベースを作る。
http://localhost/phpmyadmin/
照合順序ってとこは「utf8_general_ci」でいきます。

【MySQL】照合順序とは?

テーブルとか何もしなくていいです!ほんとデータベース作るだけ。

2.WordPressにアクセスしてzipをDLする。
https://ja.wordpress.org/
wp-dl.jpg

3.DLしたzipを解凍してフォルダ名を変更。(1で作ったデータベースの名前が無難)
そのフォルダを xampp > htdocsの直下に入れる。

4.http://localhost/フォルダ名/にアクセスすると「始めましょう!」のボタンがあると思うのでクリック。
※この時点で繋がらない人は分かりません!wp-config.phpはまだいじりませんよ。

5.以下の画像の画面が出てきます。
データベース名は1で作った名前、ユーザー名はphpMyAdminのUser accountってタブを見て、操作権限のあるユーザー名を入れます。デフォだとrootではないかと。パスはこの手順だと入れなくても大丈夫、あとはそのままでいいです。

wp-inst.png

送信後、管理画面に入る時に使うユーザー名やパスワードを設定します。
ちなみにメールアドレスのとこは「test@test.com」みたく適当でも大丈夫です。ローカルだし。
※送信してエラーが出た場合、データベース名のデータベースがなかったり、ユーザー名のユーザーがいなかったり権限がなかったりだと思います。

「WordPressをインストール」を押して何事もなくいけばログイン後にWordPressのダッシュボードが出ると思います。
ここでフォルダ名直下を見るとwp-config.phpが生成されてます。

http://localhost/フォルダ名/wp-admin/
フォルダ名の後に wp-admin/ をつけると管理画面に入れます。

インストールできるまではhttpd-vhosts.confにlocalhost:8085/とか設定して色々やってたんですが、エラーでまくったので一から素直にやったら出来ました。
初心者には分かりずらい仕組みです。。。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした