Edited at

AWSにJenkins環境を構築する

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

AWSのEC2にJenkins環境を構築する手順です。

Jenkinsプラグインの動作検証などにご利用ください。


構築するJenkins環境



  1. Amazon EC2


    • OS : Amazon Linux

    • AMI ID :

      以下確認済み


      • Amazon Linux 2 AMI 2.0.20180622.1 HVM

      • Amazon Linux AMI 2016.03.1 x86_64 HVM







  2. Jenkins


    • version : 2.7

          ※ 1.651.2も同じです。




環境構築手順の流れ


  1. EC2のインスタンスを作成します。

  2. Jenkinsをインストールします。

  3. 起動設定をします。


EC2インスタンスを作成



  1. Amazon LinuxのEC2インスタンスを作成します。ポイントは、以下。


    • SSHのキーペアの秘密鍵(pemファイル)をクライアントPCに保存しておく。

      PuTTYでEC2にアクセスし操作するのに必要になります。

       



    • セキュリティーグループの設定でJenkinsポート"8080"にアクセスできるようにしておく。

      AWSマネージメントコンソール  
      
      → EC2
      → セキュリティグループ
      → EC2にアタッチしているセキュリティグループを選択
      → インバウンド → 編集 → ルールの追加
        ・タイプ:カスタム TCP ルール
        ・プロトコル:TCP
        ・ポート範囲:8080
        ・送信元:任意の場所 0.0.0.0/0
      → 保存





  2. 最新のJenkinsはJava 1.8以降が必要です。


    • Java 1.8をインストールします。

    • alternativesでJava 1.8にセットします。

    [ec2-user ~]$ sudo yum install -y java-1.8.0-openjdk-devel
    
    [ec2-user ~]$ sudo alternatives --config java
    2 プログラムがあり 'java' を提供します。

    選択 コマンド
    -----------------------------------------------
    *+ 1 /usr/lib/jvm/jre-1.7.0-openjdk.x86_64/bin/java
    2 /usr/lib/jvm/jre-1.8.0-openjdk.x86_64/bin/java

    Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:2
    [ec2-user ~]$ java -version
    openjdk version "1.8.0_141"
    OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_141-b16)
    OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.141-b16, mixed mode)




Jenkinsをインストール


  1. EC2インスタンスに接続します



  2. Jenkinsをローカルにダウンロードします。

    [ec2-user ~]$ sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
    



  3. パッケージ署名チェック用のキーをインポートします。

    [ec2-user ~]$ sudo rpm --import https://jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key
    



  4. Jenkinsをインストールします。

    [ec2-user ~]$ sudo yum -y install jenkins
    



  5. Jenkinsを起動します。

    [ec2-user ~]$ sudo service jenkins start
    
    Starting Jenkins [ OK ]



  6. ウェブブラウザでJenkinsにアクセスします。EC2のインスタンス生成時に8080番ポートをオープンしておく必要があります。「http://(IP address):8080」のURLにアクセスし、指示に従いパスワードを入力します。おすすめのPluginをインストール後、以下の「Jenkinsへようこそ!」が表示されればインストール成功です。

    Jenkins.png




Jenkinsの起動設定



  1. chkconfig コマンドを使用して、システムがブートするたびに Jenkinsが起動するように設定します。

    [ec2-user ~]$ sudo chkconfig jenkins on
    



  2. 起動設定を確認します。

    [ec2-user ~]$ sudo chkconfig --list jenkins
    
    jenkins 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off


  3. EC2インスタンスを再起動して、Jenkinsにアクセスできることを確認しておきます。



Jenkinsの設定


  1. JenkinsのURLを http://(ip address):8010/jenkins/** にする方法です。

     


    • Tomcat(port番号8080)とJenkinsと同じサーバで動作させたい。


    • JenkinsはTomcat上ではなくて、daemonで実行したい。


    • URLに/jenkins/をつけて分かりやすくしたい。




といった場合は、以下を参考にしてください。



  • URLとportの変更

    [ec2-user ~]$ cd /etc/sysconfig
    
    [ec2-user ~]$ sudo vi jenkins


    /etc/sysconfig/jenkins

    JENKINS_PORT="8010"
    
    JENKINS_ARGS="--prefix=/jenkins"




  • AWSのポートを解放する


    Jenkinsポート"8010"を開放する。

    AWSマネージメントコンソール  
    
    → EC2
    → セキュリティグループ
    → EC2にアタッチしているセキュリティグループを選択
    → インバウンド → 編集 → ルールの追加
      ・タイプ:カスタム TCP ルール
      ・プロトコル:TCP
      ・ポート範囲:8010
      ・送信元:任意の場所 0.0.0.0/0
    → 保存



  • Jenkinsを再起動させる


    Jenkinsを再起動させると以下の http://(ip address):8010/jenkins/ でアクセスできるようになります。

    [ec2-user ~]$ sudo service jenkins restart
    

     


    参考URL

    Jenkins Installガイド