Help us understand the problem. What is going on with this article?

お名前ドットコムで取得したドメインをNetlifyで使う

お名前ドットコムで取得したドメインをNetlifyで公開したときのメモです。
ドメインは.jpで、既に取得済みとして説明をします。

まず、OverviewからDomain settingsに移動します。

overview.png

Add custom domainをクリック
image.png

お名前ドットコムで取得したドメインを入力してVerify。そうすると「入力したドメインはNetlifyでは登録できないが、そのドメインを所有しているなら追加できる」というようなメッセージが出るので、Yes, add domainをクリックして次に進む。
image.png

これでドメイン一覧にもともとあったドメイン(xxx.netlify.com)の他に、

  • hitochan777.jp (上で入力したドメイン)
  • www.hitochan777.jp

の2つのドメインが追加されているはずです。

この時点では以下のように追加されたドメイン名の右側に警告マークでDNS設定を確認するようにと出ていることがわかります。
(Domain aliasのところは実際にはPrimary domainRedirects automatically to primary domainと出ていると思いますので、無視してください)

image.png

ここからはお名前ドットコムでの設定です。先程の警告メッセージをクリックすると、ドメインプロバイダーでの設定方法が3つ書いてあります。

  • 1つ目は推奨されている方法で、ALIASかANAMEを用いる方法。
  • 2つ目はAレコードを使う方法。
  • 3つ目はプロバイダーのネームサーバーをNetlifyが提供するものに変更する方法です。

お名前ドットコムではALIASやANAMEを設定する方法がない(っぽい)ということと、AレコードだとCDNが活用できないことから、
今回は3つ目の方法を採用することにしました。

ネームサーバーを変更するには、ドメイン設定>ネームサーバーの設定>ネームサーバーの変更 に移動します。

image.png

次にネームサーバーを変更したいドメインにチェックを入れて、他のネームサーバーを利用のタブを選択します。

image.png

ここにNetlifyのNameserversに記載されているネームサーバーを入力して更新すれば設定は完了です!
私の場合ネームサーバーは以下のようになっていましたが、ユーザーによって異なるかもしれませんので確認してください。
image.png

設定が完了してもすぐに反映されるわけではないので、気長に待ちましょう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした