Help us understand the problem. What is going on with this article?

Macで閉じるボタンを押してもアプリが終了しない件

More than 1 year has passed since last update.

閉じるボタンでアプリが終了しない?

今年の初めまで私はUbuntu (90%), Windows (10%)ぐらいの割合でOSを使ってきており、
MacOSは基本的に使ったことはありませんでした。
Windowsマシン (Ubuntuで書き換えていましたが)が壊れてしまったのを機に、MacOSを試したいという思いがあり、Macを買いました。

使い始めて気持ち悪いと感じたのが、左上の閉じるボタン「赤いボタン」を押して、アプリを終了しようとしたときのこと。
確かにウィンドウは閉じたのですが、Dockのアイコン化にドットが残ったまま。
閉じるボタンを押してもアプリは終了しないということがわかりました。
アプリを終了するにはアイコンを右クリックしてQuitで終了できます。

ただ、UbuntuやWindowsから来た人間としては、「閉じるボタンを押したらアプリは終了やろ」って思いました。どういう経緯でこうなっているのか調べてみました。

なぜこういう挙動をするのか?

この記事によると、Windowsでは一般的に1アプリ = 1ウィンドウなのに対して、Macでは1ドキュメント = 1ウィンドウというイメージみたいです。なので、ウィンドウを閉じてもメニューバーは残りっぱなしで、このメニューバーから新規ウィンドウが簡単に作れるようになっています。
このような仕組みになっているのは初期のMacに遡ります。StackExchangeの投稿にも書かれている通り、初期のMacでは同時に複数アプリケーションを起動することはなく、1アプリのみというのが基本でした。なので、閉じるボタンを押してもアプリをメニューバーとして残しておいて、いつでもドキュメントを作れるようにしてありました。
初期のMacの思想がそのまま今も受け継がれているということなんですね。

閉じるボタンを押すと閉じるアプリもある

とは言っても例外はあります。例えば「Notes」というメモアプリや「System Preferences」は閉じるボタンで終了することができます。この動画によると、単一ウィンドウを前提としているアプリは閉じるボタンで終了するようになっているのではないかということです。

最後に

RedQuitsのようなアプリはありますが、
基本的には「郷に入りては郷に従え」ということで、Macの文化に慣れていくのが良いかと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした