Posted at

【Rails】RSpecの導入方法


概要

RspecとはRuby on Railsの代表的なテストフレームワークです。

RailsとRspecでは記述方法がかなり異なるので意味不明かと思います。

しかし、少し覚えると簡単に使えるので頑張って理解しましょう。

実装でコードをゴリゴリ書いていくことも大切ですが、同じくらいテストも大切ですので

この記事で導入しましょう!!


インストール

Rspecを導入するためにはrspec-railsをインストールしなければなりません。


Gemfile

Gemfileの:development:testのグループに記述します。

下記の記述をGemfileに追記してください。


Gemfile

group :development, :test do

gem 'rspec-rails'
end


bundle install

gemをインストールするためにターミナルからbundle intallしましょう


ターミナル

$ bundle install


bundle install完了後、RSpecをインストールしましょう


ターミナル

$ rails generate rspec:install

create .rspec
create spec
create spec/spec_helper.rb
create spec/rails_helper.rb

インスール完了するとフォルダができています。

これでRSpecのインストールが完了です。

今の状態でモデルを作成すると以下のようにファイルが作成されます。

以下がuserモデルを作成した時の実行結果になります。

spec/models/user_spec.rbがテストに関するファイルです。

コントローラーを作成する時も同様に作成されます。

$ rails generate model user

invoke active_record
create db/migrate/20181017040312_create_users.rb
create app/models/user.rb
invoke rspec
create spec/models/user_spec.rb

既存のモデルに対するテストファイルを作成する方法について説明します。

以下が既存のuserモデルに対してテストファイルを作成した実行結果です。

コントローラーもモデルと同様に作成することができます。

modelcontrollerの前にrspec:をつけてください。

$ rails generate rspec:model user

create spec/models/user_spec.rb

以上でRSpecの導入は完了です。

疑問、気になることがありましたら、質問、コメントよろしくお願いします!!