Linuxコマンド

シェル上でテキストファイルを確認する時に便利なLinuxコマンド

More than 1 year has passed since last update.

ログファイルやデータファイル等のサイズの大きなファイルを

シェル上でいじくるときに便利なコマンドをまとめました。

他にもいろいろあるかと思いますが、とりあえずよく使うものを。


ZIP圧縮ファイルの中身を見る

zcat file.gz


文字コードを変換して出力する


例)CP932のテキストをUTF8に変換する

iconv -c -f cp932 -t utf8

-c をつけると変換エラーをスキップしてくれます。

iconv -lで対応する文字コードが確認できます。


指定行のデータを抽出する


例)末尾10行の表示

tail -10


例)10行目以降の出力

tail -n +10


例)10行目から20行抽出

tail -n +10 | head -20


指定の文字列を含む行の抽出


例)xxx という文字列を含む行を抽出する

grep xxx


例)yyy という文字列を含まない行を抽出する

grep -v yyy


ソート


例)カンマ区切りのCSVデータの3番目の項目を数値としてソートする

sort -t, -k3 -n


列の抽出


例)カンマで分割して5列目と10列目を表示

cut -d, -f5,10


重複の除去

uniq

※ 事前にソートされている必要があります。