Help us understand the problem. What is going on with this article?

【FaunaDB】ドキュメントデータベースの新規作成

FaunaDBのデータベースのコンソールでの作り方について書き残します!
今回はドキュメント型のモデルのでの作成になります。

今回は書き残しなので、少しづつ編集していきます。

作成手順

  • [NEW DATABASE]から新規のDBを作ります。
    スクリーンショット 2020-02-07 16.56.27.png

  • Databaseの名前を設定して、[SAVE]を押します。
    スクリーンショット 2020-02-07 16.56.50.png

  • データベースは作成されるので、その中にCollectionを作ります。
    [NEW COLLECTION]から新規のCollectionを作成します。
    スクリーンショット 2020-02-07 16.57.15.png

  • Collectionの名前を設定して、[SAVE]を押します。
    スクリーンショット 2020-02-07 16.57.38.png

  • Collectionが作成されて、同時にIndexが作成されます。
    スクリーンショット 2020-02-07 16.58.27.png

  • 次にCollectionの中にDocumentを追加するので[NEW DOCUMENT]を押します。
    スクリーンショット 2020-02-07 17.22.37.png

  • JSON形式でデータを追加して、[SAVE]を押します。
    スクリーンショット 2020-02-07 17.23.01.png

  • Collectionの中にDocumentが追加されます。
    スクリーンショット 2020-02-07 17.23.33.png

まとめ

ここまででDatabaseからDocumentsまでの作成が出来ました。
FaunaDB自体の機能が結構奥が深いので、徐々に書いていこうと思います!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした