search
LoginSignup
3

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

JAXA Open APIの使い方

JAXA Open APIの使い方

下記URLからAPIの使用申請を行います。
個人的な利用に関しては無料で使用できます。
http://www.satnavi.jaxa.jp/jaxa_api_competition/

リクエストURL

https://joa.epi.bz/api/[A][B]
  • A: 物理量指定文字列(以下参照)
  • B: all(全て) もしくは avg(平均値)
例:
https://joa.epi.bz/api/prcavg

リクエストパラメータ

パラメータ フォーマット 必須項目 説明
lat 数値 緯度(度)-90.0 から+90.0
lon 数値 経度(度)-180.0 から+180.0
date 文字列 日付(YYYY-MM-dd)
format 文字列 XML(defaut)、JSON、JSONP が選択可能
token 文字列 申し込み後、JAXA から配布される文字列
range 数値 データ取得範囲の指定。0.1(度)以上の値を設定できる。デフォルトは 0.1
callback 文字列 JSONPを使用する際のコールバック関数名を指定できます。デフォルトは“callback”

物理量一覧

物理量 指定文字列 レスポンス形式 数値の例[単位]
日降水量 prc 数値 1.500[mm/day]
海面水温 sst 数値 23.840[℃]
海上風速 ssw 数値 10.94[m/s]
土壌水分量 smc 数値 40.800[%]
積雪深 snd 数値 26.400[cm]
  • 物理量+allの場合は、複数の地点の物理量を全て返します。
  • 物理量+avgの場合は、複数の地点の物理量の平均値を返します。

メモ

  • avg(平均値)を求める場合はrangeパラメータが必要。

sample:指定地点の物理量(日降水量)を調べる場合

URL

Description

2012年8月1日の北緯30.2度、東経130.5度付近の一日当たりの日降水量(prc)を調べるためのリクエストの例です。


sample:指定範囲の物理量(日降水量)をすべてJSONにて取得する場合

URL

Description

2012年8月1日の北緯30.2度、東経130.5度を中心として、北緯29.1度~31.2度、東経129.5度~131.5度の間の観測点の日降水量をJSON形式で全て調べるためのリクエストの例です。


sample:指定範囲の物理量(海面温度)をすべてJSONPにて取得する場合

URL

Description

2012年8月1日の北緯40.0度、東経130.0度を中心として、北緯39.9度~40.1度、東経139.9度~140.5度の間の観測点の海面温度をJSONP形式で全て調べるためのリクエストの例です。コールバック関数名は“joa_callback”と指定しています。


sample:積雪深を検索したが、指定した範囲に有効な物理量が無かった場合

URL

Description

2012年8月1日の北緯40.0度、東経130.0度を中心として、北緯39.9度~40.1度、東経139.9度~140.5度の間の観測点の積雪深を調べています。しかし海の上なので、雪は積もっていません。


詳しくは公式のドキュメントをご覧下さい。
http://www.satnavi.jaxa.jp/jaxa_api_competition/file/how_to_use.pdf

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
3