Help us understand the problem. What is going on with this article?

LINEボットアプリを開発・運用するにあたっての事前調査メモ

More than 1 year has passed since last update.

【1】 LINEボットアプリを運用するために、LINEに対して発生する費用に関して

  • 開発〜試験運用までは、 LINEへ課金なし で進行可能.
  • 試験運用が終了して、本格的に運用となった場合、以下3つのプランのいずれかでリリース可能.
    1. Freeプラン: 0円/月
    2. Basicプラン: 5,400円/月
    3. Proプラン: 32,400円/月
      • もちろん、安いプランほど、機能制限が多い.
      • 以下の「MessagingAPIで利用できる料金プラン」の詳細に記載.
  • 機能制限で、個人的に1番のネックだと感じたのは、 メッセージ配信の制限
    1. Freeプラン: 1,000通 まで無料
    2. Basicプラン: 5,000人 以内はメッセージ数無制限で無料
    3. Proプラン: 100,000人 以内はメッセージ数無制限で無料
  • より多くの人にメッセージ配信を行っていくためには、Proプランの契約が必須.

【2】 LINEボットアプリの開発工数に関して

  • 要件によって変動はするが、 だいたい1ヶ月〜3ヶ月 の期間でほとんどのLINEアプリは開発できそう.

    • (個人の主観が入ってるので、一般的かどうかは無視で...)
  • 通常アプリとの開発の違い

    • フロント(UI)箇所は、ほぼLINE側でパーツは用意してくれている
      • そのため、フロント実装は、そのパーツの組み合わせで良い. (※ こだわりがある場合は別)
      • 通常のフロントアプリ開発より工数は少なめ. (※ こだわりがある場合は別)
    • サーバサイド実装は、通常アプリ同様に独自実装が必要( プログラミング言語は、Javascript(Node.js) )
      • 主にDB制御や、外部サービス連携がメイン
      • 通常のバックエンド開発(API開発)とほぼ同じくらい.

【3】 LINEボットアプリ上のLINEアカウントの関係性に関して

  • LINEボットアプリ開発を進めるにあたって、大きく2つのアカウント概念が存在する.
    • 開発者アカウント
    • LINE@アカウント
      • LINEボットアプリに1対1で対応させておく必要があるアカウント.
      • 管理画面: LINE@ Manager
      • アカウントの開設方法は、 こちら
      • このアカウントの中にも、2つのアカウントの概念が存在する.
        • 一般アカウント :
          • 誰でも登録できるが、LINEボットアプリの一部機能(グループやトークルーム関係)制限が発生する.
          • このアカウントで登録後も、 認証済みアカウントへ申請可能.
        • 認証済みアカウント :
          • LINEの審査が必要なアカウント
          • 詳細は こちら

スクリーンショット 2019-08-30 19.02.19.png

  • したがって、LINEボットアプリ開発を進めるためには、 開発者アカウント&LINE@アカウントの2つ用意する必要 がある.

    • 開発者アカウントは一度作ってしまえば、2回目以降のアプリ開発で使い回せる.
    • フル機能を活用するためには、 LINE@アカウントは、承認済みアカウントにする必要 がある.
  • 参考資料: LINE Messaging APIの使い始めで混乱した概念色々

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away