お名前.com
さくらのレンタルサーバ
GSuite
kagoya

サーバー移行をする時のドメインの設定

サーバーを引越しした時にハマってしまったことの備忘録

背景
◇初期
ドメイン:お名前.com
サーバー:お名前.comのサーバー
メール:G suite

◇2回目
ドメイン:お名前.com
サーバー:Kagoya マネジメントサーバー
メール:G suite

◇3回目
ドメイン:お名前.com
サーバー:さくらインターネット
メール:G suite

1回目の移行

初期はお名前.comの格安サーバーを使用していましたが、機能などあまりよろしくないので
Kagoyaに移行。

メールのサーバーはGoogleのG suiteに加入しているのでKagoyaサーバーをしようせず、G Suiteを使用。

ドメインはお名前.comだったのでネームサーバーをkagoyaに変更
Kagoyaのネームサーバーの設定

しかし、今回はDNSレコードの変更も必要でした。
[DNSレコードの設定]https://www.onamae.com/option/dnsrecord/

Aレコードの設定
あとはGsuiteでメールを使いたいので
KagoyaのAレコードの設定

あとG Suite の MX レコードの値も変更
G Suite の MX レコードの値
を行いました。

ここまでで、Googleとkagoyaにそれぞれ設定を確認しました。

2回目の移行

次はサーバーをKagoyaからさくらインターネットに移行する時です。
しばらく時間が経ち、やり方をすっかり忘れたので、
ネームサーバーだけ変更しました。

するとメールが届いてなかったので、
Googleに設定方法を確認。

再びG Suite の MX レコードの値の確認しました。
G Suite の MX レコードの値
すでに設定済み

サクラのAレコードを設定する。
サクラのAレコード設定

ここでハマったのが、前回のkagoyaの時に設定したAレコードがそのまま残っていたのでサイトにエラーが出ていた。

そして削除したがまだエラー!
あれ?っと思いGoogleに確認したがすでにドメインでは反映されているとのこと。

確認すると確かに反映されていたが、wwwの方ではエラーになっている。
ちなみに、Firefoxとsafariではドメインを入力したらそのままで、Chromeだと勝手にwwwが入ったドメインに切り替えられる。

googleに確認してもらったがCnameの変更が必要と言われたが、あれ?前にそんな設定したっけと思ったので、
さくらインターネットのサポートに問い合わせをして確認。

Aレコードにwwwの設定が抜けていることが発覚。

これでようやくサイトが見れるようになった。

最後に

つらづらとあったことを時系列に書き出しただけですが
要するに
独自ドメインでメールはGmail・サイトは別サーバを使うためのレコード設定が必要だったという内容でした。

調べてみると下記のサイトが参考になるかと。
独自ドメインでメールはGmail・サイトはさくらサーバを使うためのレコード設定方法